FC2ブログ
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2014-07-22 (Tue)
「隠し事」の続きです。



突然、主さんからの『俺がご主人様になろうか?』
発言に何が何だか・・・・・・
急な展開にオロオロドキドキしています。



そして私はパートナーについて興味を持っているのではなく
実は探そうとしていたことを・・・
探していたことを主さんに告げました。
そこはどうしても隠しておけなかったから。



すると、主さんからメッセージが返ってきました。
『ふ~ん』
『ホンマにMの道を歩むつもりなら本格的に調教してやるよ(-"-)』



その返信メッセージはそれまでの会話とは雰囲気が変わり、
LINEの顔文字もかなり怒ってるものに変わりました。



急に口調がかわった主さんに怖くなった私は
「Mの道と言われても・・・本格的にとか言われたら怖いです><」
「本当にごめんなさいっ。」
「私が勝手に先走っちゃっておいたしちゃいました(;_;)」



『お仕置やな(-"-)』

(あわわわわわ・・・・)
「勝手なことしてごめんなさいっ」



『淫乱女めがっ』

「反省してます。(だから主さんに言ったの)」
「次からは勝手なことはしません(;_;)」
(どうしよう・・・)
(怒ってる)



『公開調教してやるんじゃけぇ(-"-)』

「ええっ?!」
「何何何?公開って・・・こわいですよ」



『他の男にも縛られたいんじゃろ(-"-)』

「嫌ですっ嫌ですっ嫌ですっo(><;)o o(;><)o」
「だって、他のパートナーさんを探さないといけないと
思っていたから・・・」
「でも、○○さん(←主さん)が良いですっ」
「ごめんなさいっ」
「ごめんなさいっ」



(どうしよう。主さん、怒ってる・・・)
(私は勘違いしていたんだ・・・主さんのこと)
(本当は暗黙の了解で主さんだったんだ・・・)
(私の中で絶対的な存在になっている・・・)
(せっかくの良い展開だったのに・・・どうしたら良いの?(>_<))



「本当にごめんなさい。」
「もう絶対にしません(>_<)」



『ふ~ん、じゃあ言うこと聞く?』

「聞きますっ聞きますっ」
「○○さん(←主さん)以外の方は嫌です><」



『じゃあまずはエロ写メ送れ』

「え・・・エロ写メ?」
「なんで突然・・・今からですか?」
「エロさのかけらもない私に?」
(どんな写真ならエロいの?)



『言うこと聞くんじゃろ?』
『俺が萌えるような写メ送れ』

「ちょっと考えさせてください・・・」
(どうしよう・・・どんな写メ撮ったら喜んでくれるんだろう・・・)
(自撮りなんてしたことないよ・・・)



『おマ〇コ指で開いて鏡撮りとかええねぇw』

(ええええっ?!)
「そんなの恥ずかしくてできないですっ><」



『つまらんっ(-"-)』



そのメッセージを送ってきたのは21時30分をまわっていました。
主さんとこんな遅い時間に会話することはないんです。
それはお互いの家庭のことを考えているので・・・



この時間、もちろん家には家族全員がいる。
いったいどこでそんな写メを撮ったらよいのか・・・・



恥ずかしい
恥ずかしすぎる




でも・・・
主さんを怒らせちゃった
私が馬鹿なことしたから



黙っておけばばれないことだったのに



隠し事ができなかった・・・・・・・・・
主さんだから?



実はこの事件の後、ずいぶん経ってからネットお友達には
「なんで話したん?黙っておいても良いことなのに」
って言われちゃった。
やっぱり言わなくても良いことだったのかな。
私ってばバカ正直なんですよね(^_^;)



そして主さんに言われた写真を撮るために
お風呂に入る時間をダラダラと延ばして遅らせ
0時前にようやく家族が寝静まったのを確認し
準備を始めました。



我が家には立てかける鏡なんてものはないので
メイクする時用の鏡を床に置き、
パンツを脱いだ私はM字開脚になりました。
右手でおマンコを開き
左手でスマホを持ち
鏡に映しだされた私のぱっくり開いたおマンコを
撮影しました。
(自分でこうやって見るとあまりきれいなもんじゃないよ)
(なんでこんな写真が良いんだろう・・・)
(やだ・・・恥ずかしい・・・恥ずかしいよぉ////)



いろんなことを考えながらも何枚も何枚も
撮影しました。
その中からこれだと思うものを一枚選び、
もうすぐで0時を回る時間に
主さんに送りました。



「遅い時間にごめんなさい」
「これが私には精一杯です。」



それだけ送って、恥ずかしさと寂しさと
馬鹿なことしてしまったなという罪悪感と
そしていきなりご主人様宣言をしてくれた
主さんのあの一言が嬉しくて嬉しくて
その日は眠れない夜を過ごすことになりました。



単純なことだったのかもしれない
私からたった一言
「主さんになってください」
と言えば良かっただけなのかもしれないな。



何を悩んでいたんだろう?



怒っていたなぁ主さん。
そりゃそうだよね(..)
でも絶対にありえないこんな時間まで
私の話に付き合ってくれた・・・
私と向き合ってくれた・・・



あの写真で大丈夫だったかな・・・



不安に押しつぶされそうになっていましたが
翌朝主さんからLINEのメッセージが入ってきました。



『おはよ(^^)』
『いいつけ守るええ子じゃw』



私の不安を取り除くにはその言葉だけで十分でした。
いつもの主さんに戻っていたから。



遠回りしちゃったような気がしますが
その日から〇〇さん(←主さん)は
私の本当の主さんとなりました。



私はようやく主さんの傍で主さんのM女として
一歩踏み出すことができたんです(*^_^*)
これからはもっと主さんに相応しいM女になれるよう
努力し成長していきたいと思います。







♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| 想いと変化 | COM(12) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。