FC2ブログ
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2014-07-04 (Fri)
「鏡に映されて」の続きです。



私は今、椅子に縛りつけられています。
身に着けているものはパンストのみ・・・



パンストのみなのにM字開脚されぱっくりとお股は全開。
主さんからはおマ○コの穴まではっきり見えています。
私は恥ずかしくても隠すこともできません。



目の前に置かれた鏡におマ○コ丸見えの状態で電マをあてられ
喘いでいる姿を映しだされ、私は恥ずかしさが極限状態になっていました。



ぶいいいいいいいいいい・・・・・ん
「あああああああああああっ・・・・」



「ほら・・・良く見えるじゃろw」
「よぅ見てみぃ、自分の姿w」



「いやっ・・・・・/////」
「やぁっ・・・・////」
「は・・・・恥ずかしい////」



と言うとさらに主さんは電マをあててきます。
乳首にあてたり、クリにあてたり・・・



ぶいいいいいいいいいいん
「あああああああああああんんんん・・・・」



そしてぐぃぐぃとクリに電マを押し当てはじめました。



ぶいいいいいいんっ
「やだやだやだやだっ////」
「だ・・・・だめぇっ////」
「と・・・・とめてくだ・・・・さいぃっ////」



「あああああああああああ・・・・・・っ」



主さんは容赦なくもっと電マをクリに押し当ててきました。



「ああああああああ/////」
「んんんん」


「あっ・・・・」
「あつっ・・・・」


「あついっ・・・・・」
「熱いですっ・・・・・」


電マの振動がパンストにあたり熱を持ちはじめ
おマ○コの部分がものずごく熱くなってきていたのです。


「電マがあたってるところが・・・熱いですぅっ////」
と涙ながら訴えました。



「ん?」
「お・・・ほんまじゃ。かなり熱くなっとる。」
主さんはようやく電マのスイッチを切ってくださいました。



「はあ・・・・はあ・・・・はあ・・・・・はあ・・・・」
私は全身の力が抜け汗だくで顔もぐしょぐしょで
ぐったりしていました。



主さんは立ち上がり、タオルを濡らし絞ったものを持ってきて
私の汗やら涙やら鼻水やらでぐしょぐしょになっていた顔を
やさしく拭いてくださいました。



「飲む?」
と言って目の前にペットボトルのお茶を差し出してくれました。


「は・・・はい・・・」
小さな声で返事をすると、縛られて自分では飲むことができない私に
主さんはペットボトルを口元へ持ってきてくださり
ゆっくりとお茶を飲ませてくださいました。



ごくっ・・・・ごくっ・・・・ごくん・・・・・・
(ああ・・・冷たくて・・・美味しい・・・)



「あ・・・ありがとう・・・・ございます・・・・」



「はあ・・・はあ・・・」
カラダはぐったりとしているのに、私のおマ○コの中はとても熱く、
びくびくしながらお汁があふれてきていました・・・・。





♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| 調教(1年目) | COM(6) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。