FC2ブログ
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2016-04-23 (Sat)
「ブラジリアンワックス④」の続きです。





いよいよ店長さんは私のおマ○コへワックスをすぅぅっと
塗り始めました。




塗られたワックスは人肌より暖かく、
塗られた部分がホカホカしてきます。
そしてワックスをひと塗りしたところに
専用テープをペタッと貼り、次の瞬間・・・





ビリィッ!!!!!!





「ひあああっ!!!!!」






私の悲鳴とともにカラダがびくつき、
肌の弱い部分にすごい衝撃の痛みが走りました。





そんな姿を見た主さんは嬉しそうに笑いながら
撮影しています。





「大丈夫?このまま続けていくよ?」
と、店長さんは私にそう言うと、あまりの痛みに思わず
とじかけた膝をこじ開け(店長さんは女性版S様?)、
私のおマ○コへ容赦なくワックスを塗っていっては
テープで剥いでいきました。





「いっ・・・・!!!」
「痛っ!!!!(>_<)」


「ひゃああああっ」


「痛っ・・・・」




痛みに悶えながらびくついている私に主さんは
『あんまりでかい声出すなよwww』
『何事?と周りの住人に思われるでw』
と、意地悪く私に言ってこられたので私は
体にかけられたバスタオルの先を口に含み
大きな声を出せないようにしました。



ビリッ!!!!
「(>_<)!!!?」
「んんんんっ・・・・・」




ビリッ!!!
「んぅぅぅぅっ!!!」




テープを剥がされるごとに私のカラダはビクつき
腰が跳ね上がります。
おマ○コは痛いのに主さんと店長さんに私のカラダの
一番大事な部分を見られていると思うと
次第に私の下半身が疼き始めてきていました。





そして私の両足の向こうでは主さんが楽しそうな顔をして
撮影しているのが見えます。
『ええのぉ~www』
『ええ感じで(笑)』





「右側が終わったよ。今度は左側をやるから
右足の膝を立ててもらって左足は下ろしてくれる?」
と店長さんが言いながら私の左側に移動しさっきと同じように
店長さんはワックスで脱毛していかれました。






左側の痛みにもなんとか耐えた私に店長さんは
「それじゃあ両足の膝をたてて。今から痛い所をやっていくよ」
(両膝・・・?)
両膝を立てお股を開くと私のおマ○コは全開になり、
ものすごい恥ずかしい状態になります////





店長さんは私のおマ○コを覗き込みビラビラに手をかけ
あの一番皮膚の弱い部分へ少しワックスを塗りました。
(んんん・・・///)
その感触は暖かいジェルを塗られているような感じで
こんな状況なのに敏感になってきている私の下半身が
おマ○コ付近を触れられることにどんどん反応し始めてきます。





(主さんに触れられているわけじゃないのに・・・・)
(主さんはただ撮影しているだけで私には触れていないのに・・・)
(やばい・・・店長さんの手に感じちゃうよ・・・・////)





そして小さめにカットされたテープを貼ったかと思うと





ビリッ!!!





(!!!!?)
「んんんんんんんーーーーーーっ(>_<)」
今までの痛みをはるかに超えた痛みが
私のおマ○コに走りました。





(痛いっ。痛いっ。痛ーーーーーーーーいっ!!!!)





私のカラダは飛び上がるかのようにお尻が浮き上がったと思うくらい
カラダがビクつきました。(いや・・・多分少し浮き上がったと思う)
その瞬間を撮り納めた主さんは私の足元で大笑いしながら
さっきから続いていた痛みと今回の衝撃的な痛みで
目には大粒の涙が出ている私の姿を満足げに撮影されていたのでした。







♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| ブラジリアンワックス | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。