FC2ブログ
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2015-09-07 (Mon)
「貸出 ~言わされる屈辱~」の続きです。






『さ、そろそろ良い時間だね。』
『シャワー浴びて出ようか?』
と、Hさんは私の手をとりお風呂場へと向かいました。






二人でシャワーを浴び、着替えを済ませソファーに座りこむと
Hさんはまたあのセリフを言ってこられました。






『ねぇ。本当に考える気ない?』
『僕は2番目でも良いからさ、シオちゃんに彼女になってほしい』
『このまま帰りたくないよ・・・』
と、言われぎゅうっと抱きしめられました。





「あの・・・」
「それは本当に無理なんです」
「ごめんなさい・・・」






『じゃあさ、また会ってくれる?』
『主さんにお願いするからさ』





と、Hさんは言ってこられたので
「わかりました。」
「そうしてください。」
と精一杯の笑顔をつくりながらお伝えしました。
(でも、できるならもうこれっきりにしたい・・・)
そう思いながら車に乗り込みホテルを後にしました。





待ち合わせ場所だったスーパーの駐車場に到着するとHさんは
『車はどこに停めたん?』
『車の場所まで行くよ』
と、言ってこられたけど、
それをしていただくのは怖く感じ





「あ、私このまま買い物するのでここから店内に入りますから^^」
と、お伝えし店の入り口前で停まっていただいた。






「今日はありがとうございました」
と伝え車を降りようとすると腕を引っ張られ
最後にまた濃厚なディープキスをされ抱きしめられました。






『またね^^』
「はい。また・・・」
と言葉を交わし車を降り、一礼しながらHさんを見送りました。






Hさんの車が駐車場を出ていかれたことを確認し、
違う階に停めていた私の車の場所まで戻り
車に乗り込むと腰が抜けてへたりこんでいました。
そしてとりあえず主さんへ報告しなければ!
とLINEを打ち始めました。







「今、駐車場に帰ってきました。」
「Hさんは帰られました。」
「私も今日は疲れたので帰ります。」
とメッセージを入力していると張りつめていた気が一気に抜けて
涙がこぼれはじめました・・・






すると主さんからすぐに
『お疲れさん』
『あとで写真データと動画、楽しみにしとるで^^』
と、返事が返ってきました。
(楽しみに・・・か・・・・)
(主さんは私が楽しんできたと思ってるのかな・・・)
(でも、主さんの奴隷としては頑張ったと思う・・・)
(私・・・頑張ったよね)






(うん。シオはがんばったよ)
(頑張った)
と、何度も自分に言い聞かせながら
家に帰りました。








♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| 貸出 | COM(6) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。