FC2ブログ
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2014-09-22 (Mon)
「3Pしよーや ~おマン○コが擦り切れそう~」の続きです。




『次は俺の番ねw』
と言い主さんは私を押し倒してきました。




私の顏の上に下半身を持ってこられ
『これじゃ入らんけぇ、咥えろ』
と言いながら私の口の中に主さんの
おチン○ンを押し込んでこられました。




「ぐぷぅっ・・・・」
「んんん・・・・・」
(たしかに、小さくなってしまってる……)
主さんはおチン○ンを私の喉の奥に
あたるぐらい腰を動かされてきました。





じゅぷっじゅぷっじゅぷっじゅぷっ・・・
「うううう・・・・」
「ぐうううぅ・・・」
(く・・・・苦しい・・・・・)




私の口の中でどんどん大きくなる主さんのおチン○ン。
(そんなに動かれると・・・喉の・・・・奥まで・・・・
届いて・・・くっ・・・・苦しいよぉ><)





じゅぷっじゅぷっ・・・
「ぐぅぅぅぅ・・・げぇっ!!!!」
(もうっ、無理です、主さんっ><)
吐きそうになった私に気が付き
おチン○ンを抜いてくださいました。




げほっげほっげほっ・・・・




私が咳込んでいると主さんはすぐに私の足を抱え
大きくなったおチン○ンをずぶぶぶぶっと
私のおマ○コへ突っ込んでこられました。




「えっ!!!!!」
「ああああああああっ・・・・・」




ずぷっずぷっずぷっずぷぅっ
「あん・・・あん・・・あん・・・あん・・・・」
『さっきまで他のち○こが入っとったのに
まだこんなにずるずるにしてw』
『淫乱女がっw』




「あううううう・・・・ごめんなさいぃ・・・・////」
(でも、やっぱり主さんのが嬉しいです////)




『ほらっ、後ろ向いてケツ出せ』
と主さんはおチン○ンを抜き私の太ももをバチンッと
叩きながら言ってこられました。




私は言われる通り、お尻を突き出すとバックの体勢から
主さんは思いっきりおチン○ンを挿入してきました。




ずぷぷぷぷぷっ!!!!!




「あああああああっ////」




じゅちゅっじゅちゅっじゅちゅっじゅちゅっ
「あああああ・・・・」
「あんん・・・・んんん・・・・やあぁ・・・・・」
(気持ち良い・・・やっぱり主さんのが良い////)




主さんの挿入を嬉しく感じている私をよそに
『俺は中に出~そぉw』
(えっ!????)
と言ったかと思うと私の中に精子を注いできました。




主さんがおチン○ンを抜かれると私のおマ○コからは
だらだらとお汁が垂れ流れてきました。
(なんで?)
(今日は主さん、責めが短い・・・・)
(私の中に残っているゲスト様の痕跡をもっと消してほしかったのに・・・)
(でも・・・・もう・・・・私も・・・・今日は体力的に無理かもなぁ・・・)




やはりいつもと違って二人の方に責められた私は
ぐったりと疲労感が・・・
でも、なんとなく納得いかない・・・
どうして主さん、あんなに簡単にいっちゃったの・・・





納得はいかないものの、服を着たあと三人で少し世間話をし、
私たちに気を使ってかゲスト様が帰られようとされました。
ですが、はじめにもお話ししましたが主さんはそれを止められ
『シオから先に帰りんさい^^』
『俺たちはしばらくしてから出るから』
と言ってくださいました。




「今日はありがとうございました」
「すみません。」
「お先に失礼させていただきますm(__)m」
とご挨拶させていただき、お二人よりも先にその場を
後にさせていただきました。




とぼとぼと車に乗り込み家に帰ったのですが
カラダは体力を消耗したためかなり疲れていました。
そして精神的にも・・・




(私ってば・・・すごいことしちゃった。)

(主さん以外の人を受け入れちゃった・・・)

(感じたくなかったのに・・・感じちゃった・・・)

(主さん以外の方とキスしちゃった・・・)




たくさんの後悔と屈辱感が頭の中をぐるぐるとして
なんだか自分が情けなくて涙がぽろりと出てきました。
シャワーを浴びた後、主さんにLINEを送りました。




「わがままを言うともう少し時間をかけて主さんにご奉仕
したかったです・・・」
『あはは(笑)ご奉仕好きじゃねw』
(それは相手が主さんだからですよ)




『今日は初対面のおとこにやられて気持ちえかったかいの?w』
「まあ・・・はい・・・・」
「でも、主さんの方が気持ち良いですっ。」
「今日、はじめて主さんとのHに不満が残りました。」
「時間・・・短すぎです><」
・・・と、どうしても納得いかなかった感情が爆発して
主さんに訴えました。




『あの子はまたしたいらしいでw』
『今日は他人を交えていたからさっさとイッてやったw』
「さっさと・・・・って、つまんないです~><」
「でも、この歳になってあんなに可愛い可愛い言われたのはじめてです。」




『今度、貸出ししてくれだってw』
「貸出?」
(なに?それ?)
(私って物?)




「貸出ってことはその場に主さんはいないのですか?」
『そうw』
『えらく気に入られたねw』
(気に入られたって言われても・・・)
(これっきりだと思ったのに・・・)




「貸出って、この世界じゃありなんですか?」
『変態はなんでもありw』
(なんで主さんはそんなにも嬉しそうなんですか?)
(私にはその感情、考え方がわかりません)
(私をレンタル品みたいに・・・)




そうして私は次回、今回のゲスト様に貸出されることが
決まってしまったんです。
まるで私を試されてる・・・・そんな感じがしていました。






♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| 3P | COM(16) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。