FC2ブログ
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2016-04-24 (Sun)
「ブラジリアンワックス⑤」の続きです。





涙目になっている私を見て店長さんは冷やしたタオルを
私のおマンコへとあててくださいました。
痛くて熱を持ってきていたおマ○コにひんやりとした感覚が
伝わってきます。





「もう少しだから頑張ろうね」
と店長さんは言うとまた私のおマ○コのビラビラの皮膚を伸ばしては
ワックスを塗り丁寧に脱毛をしていきます。
そして私はその触れられる感触に我慢できず濡らしてきていたのです。
でも店長さんはそんなことを気にされず手慣れたように
濡れタオルで拭き取ってくださりビラビラの周りの脱毛を
続けていきました。





そして細かい部分の脱毛を終えると、店長さんは
「あとお尻周りもするから恥ずかしいかもしれんけど
うつ伏せになって腰を上げてくれる?」
と、私に言ってこられたのです。






(へっ?)
私がきょとんとしていると主さんに
『ワンワンポーズすりゃえーんよ(笑)』
と笑いながら言われました。





(いや・・・・わかるけどぉ////)
(私はいったいどこまで恥ずかしい思いをしないといけないの!?////)
(店長さん、半分おもしろがって主さんが喜ぶポーズを
わざと取らせている気がするぅぅぅっ(>_<))





顏から火が出るような思いで言われるがまま私はベッドの上で
うつ伏せになりそして少し腰をあげる体勢をとりました。





この体勢だと主さんの姿は見えないけど、
めちゃくちゃ喜んで撮影している雰囲気が
バンバン伝わってきます。
この体勢は調教の時によくとらされるポーズなので
やばいくらいにおマ○コがきゅうきゅうしてきます///





そんな中冷静に店長さんはア○ルの周りの毛に対してワックスを塗り
ビリッ!ビリッ!とテープを剥がし脱毛をされました。

それでとりあえずはおマ○コ部分は終了したようで
店長さんは次のワックスを用意するため少しその場を離れました。
痛みでその格好のままうずくまってるとすかさず主さんは
私のおマ○コのすぐそばに来て眺められます。





『おお~なかなかきれいになっとるじゃないかw』
『やっぱり剃った時とは違うのぉw』
『ア○ル周りもきれいにしてもらえてw』
『毛根が見えんし・・・』
と言いながら私のおマ○コをするっと触られ、
(ひゃあっ!!!////)
感触を確かめながら
『うん。毛根の感触もなくするするじゃのw』





主さんがとったその行動は私にとって最後の攻撃になりました。
バックの姿で主さんから思いっきりおマ○コとア○ルを見られ
そして主さんの指に触れられ我慢していた私のカラダは
いっきに反応してしまいおマ○コからツゥゥゥーーーーと
汁が垂れてきたのです。





『あーあ、この状況で何感じよるんかw』
『シオのここはだらしないのぉw』
『この状況でも濡らす女(笑)』
『このまま仕事がなかったら苛めたおしたいのぉ(笑)』
と言いながら私のつるつるで濡れ濡れになったおマ○コをア○ルを撮影し、
カメラを納められました。


(あああ・・・・)
(ほんと。このまま苛められたいですぅ///)
と、すぐそばに店長さんがいるのにそんな変態な思いを
めぐらせてしまうほど私のカラダは脱毛されら部分と同じように熱を持ち
火照っていました・・・・。





『それじゃ、もう行かんといけんけぇ後は頑張れよ(笑)』
『まあ、あとは腕だけじゃけえそんなに痛い思いをせんでえーじゃろうけど(ぷぷっ)』
と笑いながら主さんはお店を後にされました。





(うううう・・・・このカラダの状況である意味放置かぁ・・・・)
(火照ってるのに・・・・)





そんな変態なことを考えてることに気付いていたか気付いていなかったかは
わからないですが、主さんが帰られた後残りの腕のワックスを終え
本日のワックス体験は終了しました。
なんだかぐったりしながら服を着て店長さんとお茶しながら
雑談タイム。





ちなみにこちらがビフォーアフター(///_///)
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Shio2016042302
(けっこう伸びていたのがきれいになりました)





「今日、この後腕とか足とか日焼けには気を付けてね」
「でも、まあ、パンストだし上着きてるから大丈夫そうだね(^^)」
「お風呂は少しぬるめにして入って出る前はタオルを水に着けて
股部分を冷やしてあげてね」
などなど、注意事項を聞いたのち世間話などしているとなんだか意気投合し
今度一緒にランチしようや♪みたいなノリになり
お互いうちとけてお友達になりました(笑)





お店を後にした後主さんからLINEが入ってきたので
主さんが返った後の話をするとびっくりされてました。
『そんなに気が合ったんか?』ってw





これが3年前の私の初ブラジリアンワックスの体験話。
そしてこの店長との出会いは、これから数か月後におこる大事件で
私と主さんのことをリアルに知る人ということで
とても重要なキーマンとなる存在となっていくのです。





店長に出会ってからから3年近くたってるけど
本当に店長に出会えてよかったと思ってる。





このブラジリアンワックスの話を綴っていていたら
懐かしくなったので久々に店長と連絡を取り
今度ランチをする約束をしちゃいました~(*^_^*)
お会いするのがとても楽しみなのですよぉ~






♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| ブラジリアンワックス | COM(4) | | TB(0) | |
2016-04-23 (Sat)
「ブラジリアンワックス④」の続きです。





いよいよ店長さんは私のおマ○コへワックスをすぅぅっと
塗り始めました。




塗られたワックスは人肌より暖かく、
塗られた部分がホカホカしてきます。
そしてワックスをひと塗りしたところに
専用テープをペタッと貼り、次の瞬間・・・





ビリィッ!!!!!!





「ひあああっ!!!!!」






私の悲鳴とともにカラダがびくつき、
肌の弱い部分にすごい衝撃の痛みが走りました。





そんな姿を見た主さんは嬉しそうに笑いながら
撮影しています。





「大丈夫?このまま続けていくよ?」
と、店長さんは私にそう言うと、あまりの痛みに思わず
とじかけた膝をこじ開け(店長さんは女性版S様?)、
私のおマ○コへ容赦なくワックスを塗っていっては
テープで剥いでいきました。





「いっ・・・・!!!」
「痛っ!!!!(>_<)」


「ひゃああああっ」


「痛っ・・・・」




痛みに悶えながらびくついている私に主さんは
『あんまりでかい声出すなよwww』
『何事?と周りの住人に思われるでw』
と、意地悪く私に言ってこられたので私は
体にかけられたバスタオルの先を口に含み
大きな声を出せないようにしました。



ビリッ!!!!
「(>_<)!!!?」
「んんんんっ・・・・・」




ビリッ!!!
「んぅぅぅぅっ!!!」




テープを剥がされるごとに私のカラダはビクつき
腰が跳ね上がります。
おマ○コは痛いのに主さんと店長さんに私のカラダの
一番大事な部分を見られていると思うと
次第に私の下半身が疼き始めてきていました。





そして私の両足の向こうでは主さんが楽しそうな顔をして
撮影しているのが見えます。
『ええのぉ~www』
『ええ感じで(笑)』





「右側が終わったよ。今度は左側をやるから
右足の膝を立ててもらって左足は下ろしてくれる?」
と店長さんが言いながら私の左側に移動しさっきと同じように
店長さんはワックスで脱毛していかれました。






左側の痛みにもなんとか耐えた私に店長さんは
「それじゃあ両足の膝をたてて。今から痛い所をやっていくよ」
(両膝・・・?)
両膝を立てお股を開くと私のおマ○コは全開になり、
ものすごい恥ずかしい状態になります////





店長さんは私のおマ○コを覗き込みビラビラに手をかけ
あの一番皮膚の弱い部分へ少しワックスを塗りました。
(んんん・・・///)
その感触は暖かいジェルを塗られているような感じで
こんな状況なのに敏感になってきている私の下半身が
おマ○コ付近を触れられることにどんどん反応し始めてきます。





(主さんに触れられているわけじゃないのに・・・・)
(主さんはただ撮影しているだけで私には触れていないのに・・・)
(やばい・・・店長さんの手に感じちゃうよ・・・・////)





そして小さめにカットされたテープを貼ったかと思うと





ビリッ!!!





(!!!!?)
「んんんんんんんーーーーーーっ(>_<)」
今までの痛みをはるかに超えた痛みが
私のおマ○コに走りました。





(痛いっ。痛いっ。痛ーーーーーーーーいっ!!!!)





私のカラダは飛び上がるかのようにお尻が浮き上がったと思うくらい
カラダがビクつきました。(いや・・・多分少し浮き上がったと思う)
その瞬間を撮り納めた主さんは私の足元で大笑いしながら
さっきから続いていた痛みと今回の衝撃的な痛みで
目には大粒の涙が出ている私の姿を満足げに撮影されていたのでした。







♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| ブラジリアンワックス | COM(0) | | TB(0) | |
2016-04-20 (Wed)
「ブラジリアンワックス③」の続きです。





私が寝ているベッドの足元でカメラとスマホを構える主さん。
このありえない異様な状況の中、店長さんはワックスの準備を
始めています。





「ねぇ、○○さん(←主さんの名前)」
『ん?』
「股からやってほしいんじゃろうけど、足からやっても良いかね?」
「そんなに時間はかからないと思うし」
「時間は大丈夫?」





『そうじゃの。この時間ならまだ大丈夫じゃけぇええでw』





店長さんは私ではなく主さんの許可を取り、
足からやっていくことになりました(笑)





許可を取った店長さんは
「じゃあ、始めるね」
と言い、温まっているワックスをヘラですくい、
私の足にすぅーーーーーっと塗り
そこへ専用のテープをペタッとくっつけ上から少し抑えると、

ビリッ!!!

と思いっきりテープを剥がされました。





「ひぃっ∑( ◦д⊙)‼」
カラダがビクッとなります。
でも、膝下なのでこれならなんとか我慢できそうな痛みです。





「大丈夫?我慢できそう?」
と心配そうに店長さんは聞いてこられます。


「大丈夫です!続けてください(^^)」


と私が答えると主さんが
『大丈夫大丈夫。』
『この子ならこのくらいは平気じゃけぇ(笑)』
と、笑いながらいらないことを付け加えてきます(^_^;)





主さんは足から脱毛が始まったため撮影は休憩し
ブラジリアンワックスがどんなものか興味津々に傍で
見ていらっしゃいました。




店長さんが言われていた通り足は比較的短時間で終わりました。
ワックスで脱毛した個所に専用の美容液をぬられていきます。
そして冷やしたタオルを足に当ててくださいました。
テープで剥がされた箇所は少し赤くなりますが毛根ごと抜かれるので
触ってもすべすべです(*^_^*)





「それじゃあ、お待ちかねの部分をやっていくね」
「ちょぉっと痛いけど頑張ろうね」
と、にこやかに言ってくる店長さん。
足であの痛みだったと言うことは皮膚の柔らかいアソコは
どんなことになるんだろう・・・・と想像していると
足元では主さんもカメラを構えてスタンバイしているのが見えました。





きゃーーーー
きゃーーーー
きゃーーーー
やばいやばいやばい
はずかしぃよぉ(,,> <,,)





「じゃあ左足の膝を曲げてもらって股を少し開いてもらっても良い?」
と店長さんが言ってこられたのでゆっくりとその体勢に持っていきます。
そして店長さんはタオルを少し捲られました。
(この時点で店長さんにも主さんにもアソコが丸見えなんです(,,> <,,))





『おお~、なかなかええ眺めじゃないかw』
『もっとくぱあっと開いてもええんでwww』
と主さんは意地悪なことを言ってきます。





そしていよいよ私のおマ○コにワックスをすぅぅっと
塗り始めました。








♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| ブラジリアンワックス | COM(0) | | TB(0) | |
2016-04-06 (Wed)
「ブラジリアンワックス②」の続きです。





約束の10分前に待ち合わせ場所に到着した私はドキドキしながら
主さんを待っていると、そこへ主さんが車で現れました。





『ごめん。ぎりぎりになったけぇ今から駐車場に停めてくるけえ』
『ちょい待っといて』
「あ・・・はい」
と私に伝え車を停めに行かれました。
(わわわ・・・なんかこのやりとりだけでちょっと幸せ(〃艸〃)♡)
普通にしてようとしていてもなんだか顔がにやけてきます。





しばらくすると主さんが歩いて現れ、
『彼女に着いたってメールしてみるけぇ』
と言ってその店長さんあてにメールを打ち始めます。
私は普段とは違う場所で主さんとお会いし
二人で待っているこの時間がなんだか嬉しくて幸せで
たまりません(*^_^*)





5分位待っているとその店長さんは現れました。
「こんにちは~(^^)」
「今日は宜しくお願いします。」
と、軽くご挨拶され、駅から5分位の場所にあるという
お店に私達を案内してくださいました。





お店はとあるマンションのワンルーム。
部屋の真ん中にベッドがあり、パーテーションで区切られています。
部屋自体はシンプルに飾られていてすごく店長のセンスの良さを感じ、
落ち着ける雰囲気になっていました。





まずはそのお店の問診票に記入しながら私の緊張をほぐすかのように
お茶しながら三人で世間話。
店長さんには
「も~~、なんだか意外だったよ!」
「もっとイケイケな飲み屋さんのお姉ちゃん風な子でも
連れてくるかと思ってたから(笑)」
「駅で二人を見つけたとき見間違えたかと思ったもん」
と言われました。


(えっ?そうなんだ。)
(やっぱり主さんの女性っていえばそんなイメージなのかな?)
主さんは『そうかぁ?』と笑われてましたけど
ちょっと気になる・・・。


でも、私自身も主さんの知り合いの店長さんだから
すごく派手なお姉さんを想像していたけど実際は
私が話しやすい雰囲気の方で驚いたくらい(^_^;)
店長さんと私、お互いおんなじような相手を想像していたのかな?(笑)





「じゃあそろそろ始めようか。ブラジャーはつけられていても良いですけど
それ以外は全て取られて、こちらに寝転んでタオルをかけてください」
「準備できたら呼んでくださいね」
と指示があり、ドキドキしながらパーテーションの向こう側へ移動し
全て脱いでいきます。





パーテーション越しに主さんが
『この子パンツ穿いてないけぇ、すぐ準備できるけえw』
『それに別に向こうで脱がんでもここでええんじゃないか?』
と笑いながら話してます。
(きゃーきゃー、主さん何教えてるんですかぁっ(,,> <,,))
初対面の店長さんなのに恥ずかしくて
せっかくほぐれていた緊張感が増してきました。





身にまとっているものはブラジャーとタオルのみ。
さっきの会話ですっかり恥ずかしさでいっぱいになってしまい
か細い声で店長さんを呼びます
「あ・・・あのぅ・・・準備できました・・・」
と伝えると店長さんと主さんが二人してベッドの周りにやってきました。





店長さんが主さんに釘を刺すように
「本来はこのお店は男子禁制なので今回は特別なんよ(笑)」
と笑いながら伝えると、





『ああ!俺のことはきにせんでええけぇw』
『空気と思って気にせずやっちゃってwww』





そういうと主さんは私の足元に椅子を持ってきて
カメラをセットし手にはスマホは持って座られました。





「えっ?」
「写真撮るんですか?(*゚д゚*)」





『当たり前じゃんw』
『こんなおもろい状況撮らんともったいないじゃん(笑)』
『ちなみに動画も撮影したるでw』





(ひゃあああああっ(/ω\*)////)
(見られるだけでなく撮影!?)
そのやりとりを聞いた店長さんは「さすが変態さんじゃね」と大笑い。
私は私で主さんの言葉にひとり反応し下半身をキュウキュウさせていました。








♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| ブラジリアンワックス | COM(0) | | TB(0) | |
2016-04-04 (Mon)
「ブラジリアンワックス①」の続きです。





前回の主さんとのLINEのやり取りから3週間経過したある日、
主さんにLINEで伝えてみました。
「あの・・・・そろそろお股の毛が5mm以上~1cmくらいに伸びています」
「ブラジリアンワックスの予定をそろそろ入れたいのですが・・・」





『向こうの都合聞いてみるが、今週ダメな日は?』
『それと他の部位でやってほしいとこはあるか?』





「そうですねぇ・・・ダメな日はこの日とこの日です。」
「あと、股以外でやっていただきたいのは腕と膝下でしょうか。」





『了解。じゃあむこうに確認してからまた連絡するけぇ』





そのやりとりから数分後・・・
『じゃあ○○日の11時に○○駅の北口で待ち合わせしようでw』
『むこうが駅に迎えに来てくれるらしいけぇ』
と、主さんから連絡があり、ついにブラジリアンワックスの日取りが
決まってしまいました。





(ひゃーーーー、ついに決まってしまった・・・・)
(でも、主さんと待ち合わせなんてしたことないから嬉しいなぁ♪)
と、まるでデートの待ち合わせみたいでそんなちょっとしたことに
ひとり喜びを感じていた単純な私でした(笑)





そしてブラジリアンワックス前日、
『ブラジリアンワックスの店長からこんなメールが来たけぇ送っとく』と
いう主さんからのメッセージの後、店長さんからのメッセージが
添付してありました。





【彼女に伝えて。手足の施術後は、日焼けしやすいので、
手足が隠れる服装か、いつも使っている日焼け止めをもって来て下さい。】
と。


(ブラジリアンワックスの後って日焼けしやすいんだぁ)
(へぇ~・・・)
(それにしても・・・店長さんってどんな方なんだろう)
(主さんの女性関係ってなんだか少し気になる)
(私のこと、どんなふうに紹介してくださったんだろう)
そんなことをついつい悶々と考えているうちに
いよいよブラジリアンワックス体験の当日を迎えました。





ここまで伸ばしたのは久々だったので
朝のLINEはお股の写真を撮って主さんに送ってみました。
しばらくして、主さんからLINEのメッセージが届き




『おはようさんw』
『おお~、ボーボーに伸びとるじゃないかwww』
『毟りたくなるのぉ(笑)』
『あ、そうそう。今日は13時にアポが入ってしもーたけぇ、
股の脱毛だけ見学したら出るけぇのw』
と返事がきました。
(うっ・・・・やっぱり見る気満々なんだ・・・主さん(^_^;))





主さんと待ち合わせができるという嬉しさと
股のブラジリアンワックスされる姿を見られる恥ずかしさを想像して
ドキドキと緊張しながら待ち合わせの駅へと向かいました。







♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| ブラジリアンワックス | COM(2) | | TB(0) | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。