FC2ブログ
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2014-07-31 (Thu)
「ブログに載せてみw ~来週こいや~」の続きです。


逢瀬当日、ドキドキしながら主さんの待つ場所へ
いつものようにノーパンパンスト直穿きで向かいました(*^_^*)
主さんと合流するといつものように緊張をほぐしてくださるのか
世間話で和ませてくれます////
そして私の緊張が和らいだところで



『そろそろジュエリー入れてみるかのw』



(ひゃあっ////ついにきた!)
「はっ・・・はい////」
ドキドキドキドキ・・・・



主さんはアナルジュエリーを黒い小さな袋から取り出しました。
それはジュエリー部分がシックな色合いの黒。
手に取ってみると今まで入れていたプラグとは
重さが違う。
固くずっしりしてます。



anaru05



とてもキレイで可愛い~(///_///)


これが入るんだ・・・
でもちょっと太さが気になる・・・



「あのぅ・・・・これ・・・・少し太くないですか?」

『そんなことないわいね~』
『サイズは中でw』



「中!?」
「この辺りが太い感じが・・・」
「固いし痛そうな気が・・・」

『挿す前から痛い言うし(-"-)』
『この娘は・・・』



「あぅぅ・・・ごめんなさい~><」

『よし、そこに四つん這いになってスカート捲って尻だしてみw』



「あ・・・・」
「その前にこれ・・・抜きたいです。」

『ん?』



私のおマ○コにはディルドが挿入されていました。
午前中はアナルプラグ、午後からはおマ○コにディルド挿入、
それが主さんからのご命令。



『ええじゃん、いれたままでww』

「いえいえ・・・痛そうですよ><」



『ちっ』
『仕方ないのぉ』
『じゃあ、抜け』

「はい^^」



ディルドを抜き取るとべっとりと私のお汁が////
主さんはその抜き取った後のおマ○コを見て
『なんじゃあ、もうべっちょべちょじゃんwww』

「はい・・・・////」



だってだって・・・
急に逢瀬の日が決まって・・・
それも主さんから誘ってくれて
嬉しくて嬉しくてこの日が待ち遠しかったから
私のカラダは素直にそれに反応してたんだよぉ////



『じゃ、入れるでw』

「はい///」
(こわいよぉ・・・ドキドキするよぉ・・・)



ベシッ!!
プラグが入るのかと思いきやいきなりお尻を叩かれました・・・

「ひゃあっ><」



『尻の力抜けっ(-"-)』

「はひぃ・・・・」
「ごめんなさいぃ・・・・><」
「でも・・・どうしてもこわくて力が・・・」



『シオが痛い思いをするだけで(-"-)』

「わ・・・・わかりましたぁ・・・・」
はひぃ~はふぅ~・・・
深呼吸しながら力を抜くようにしてみます・・・



はふぅ~・・・
はふぅ~・・・・



ズブッ!!!!
「はああっ・・・・・////」



ズブブブブッ・・・ずりゅんっ
「あああああああっ!!!!」



anaru07



(あっ・・・あっ・・・・入っちゃった////)
私のアナルにそのアナルジュエリーが入りきった感触が
伝わってきました。






♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| 調教(3年目) | COM(6) | | TB(0) | |
2014-07-29 (Tue)
今、私は主さんからアナル調教を受けてます(*^_^*)
最初にアナル拡張用にと渡されたプラグは
エイナスシリーズのNo.1。


『それを平日午前中のみ装着し仕事をしてみw』
と主さんに言われ、私は普段ノーパンパンスト直穿きにくわえ
プラグを挿して仕事をしてました////


同僚たちはまさか私がノーパンでプラグ挿して
仕事してるなんて想像つかなかったことでしょう(笑)


初めは痛かったそのサイズは1週間もしないうちに慣れ、
気付けば、車の振動がアナルに伝わって気持ち良く感じ、
プラグ入れてるだけで濡らしちゃうようなカラダになってました////



しばらくすると



『そろそろそのサイズじゃ物足らんようになっとるじゃろw』
『サイズアップしようかのw』
と言い、とエイナスのNo.2をご用意され、私は主さんに
呼び出されました。


主さんにそれを見せていただくと、
想像以上の太さに驚き
「無理です><; こんな大きいの・・・入りませんっ。」



と泣きつきましたが、主さんは容赦なく私のアナルにそれを
突っ込んだのです・・・。



ずぷぅっ!!!!!!
「ひぎぃっ・・・・・!!!!><」



あの時の激痛が頭にこびりつき、そのNo.2は自分では
入れられないものになってしまいましたil||li _| ̄|○ il||


でも、主さんにはなんとか入れようと頑張ってることを
認めてもらいたくて、そのチャレンジしている姿を
動画に撮って主さんに送ってみました。



『アナルオナかと思えば・・・おもろい動画になっとるじゃないか(笑)』
『頑張っとったのw』
『別のプラグ探してやろうか?』



(良かった・・・。)
(頑張って入れようとしていたことは認めてもらったみたい)
(恥ずかしかったけど動画にして送ってみて良かった////)



その後、LINEのやりとりで
こんなのは?これは?
みたいに話し合いが何日か続き、二穴調教の道具にしよう^^
と商品を決め話は落ち着いたのに翌日主さんから



『アナルジュエリーはどうよ?』



といきなり話を変え、
それをプレゼントしていただけることになりました(*^_^*)



数日後・・・



『アナルジュエリー、明日には届くで~w』
と、主さんからLINEのメッセージ♪


私は主さんからのご機嫌なそのメッセージが嬉しくて
「え?ほんとですか?^^」
「それは今度会うときが楽しみです♪」
素直に私の気持ちを返しました(*^_^*)



すると主さんからは
『来週こいや~』



とお誘いメッセージが返ってきたんです♪♪♪



もちろん返事は・・・
「行きます行きます~♪」
(ぜったいに行く行く~)



突然、逢瀬の日が決まりその日が待ち遠しくて待ち遠しくて(*^_^*)
単純な私は超~ご機嫌で仕事もはかどるはかどるw
今なら何されても怒らないかも~みたいなノリで
絶対にその日に仕事が入らないようにがんばりました(笑)






♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| 調教(3年目) | COM(4) | | TB(0) | |
2014-07-25 (Fri)
「ようやく一歩踏み出しました」の続きです。



『いいつけ守るええ子じゃw』
と主さんから朝のLINEが届きました。



昨日からの不安を取り除くのに十分なメッセージ。
なんだかホッとして涙ぐんでしまいました(ノ_・、)ぐすっ



そしてその主さんからのメッセージがきっかけで
朝のLINEでの会話が始まりました。
「すごく恥ずかしかったんです(;_;)」
「昨日は家族が寝静まってからコッソリ写真撮りました////」

『うんうん。』
『ええ子じゃw』
『今日はパンスト直穿きで仕事するかw』



(ええええっ?!)
(主さん、何を言い出すの?∑(゚Д゚))
「それってやらなきゃいけないですか?」

『会社のトイレでパンスト直穿き写メ撮って送ってやw』



(えええええええっ????)
(もう撮って送る前提で話が進んでる?)
「会社のトイレ・・・で写メですか?」
「周りの人が気になってしまいます・・・」
「昨日からなんで無理難題なことばかり・・・(;_;)」

『ご主人様じゃけえねw』



「ご主人様?」
(たしかにそんな話になって浮かれちゃったけど・・・)
「これから主従関係が一段と厳しくなるんですか?」
「なんだか○○さん(←主さん)じゃないみたいで昨晩から怖いんです(..)」

『そぉかぁ?』
『シオの求めてたパートナーのイメージってどんなもん?』
と、突然主さんは聞いてきました。



「パートナー?えっとえっと・・・・」
「パートナーのイメージは・・・・・・まだよくわからないです」
「ただ、おもちゃの立場なら自由、主従になればパートナーの意見は
絶対なのかなぁとなんとなく想像してます・・・」

『そういうことじゃね(^^)』
『見ず知らずの相手にパートナーを求めるといきなりこういうことを
要求される場合もあるわけだ』
『興味本位で足を踏みこんじゃいかんってことよ(-"-)』



・・・と、主さんに諭されてしまいました。
でも、主さんの言うことはごもっともです。
何も知らない私がパートナー探しをして、もし、いきなり
そんな方に出会ってしまったら・・・と考えると怖くなりました。



主さんとは一年かけた関係。それでも自撮りを撮らされただけで
泣きそうだったのにこのやりとりを初めて会う方にいきなり言われたら・・・



主さんは私の性格をよくご存知です。
だって、主さんとこんな関係になるまでもかなり時間を要してます。
本当にゆっくりゆっくり暖めてきた関係なんです。
だから、いきなり・・・っていう関係は私には無理と
気付いているようです。



今回、私にいきなり厳しいことを言ってきたのは
私のことを思って注意してくれてるんだと気付きました。



浮かれてた私はアホだなぁ・・・(´・ω・`)ションボリ
パートナー失格だよぉ・・・きっと。
「本当に今回のことはごめんなさい」
「私はおもちゃに逆戻りなんでしょうか?」

『ん?』
『シオが好きなようにすればいい』
『刺激が欲しくなったら、写メなり文章なりで上手に俺を誘惑しくれw』
と、主さんらしく言ってくれました。



(好きなように?)
「私・・・好きなようにとか言われてもそれじゃ中途半端でどうしてよいのか
わかりません(>_<)」
「今回のことも自分の立場をはっきりさせたくて横道にそれかけたんです・・・」
「なので○○さん(←主さん)はこのままご主人様でいてください(〃ω〃)」



「だけど、今回みたいに無理難題はちょっと・・・・」
「これだと仕事に差し支えがあるので(..)」



(言った。言えたよ、私。)
(ちゃんと言葉にして・・・今度こそ主さんに伝えたよ。)



『わかった(^^)』
『徐々にハードルを上げていこうかw』
と、主さんは優しくメッセージを返してくれました。



(。ノД`)・゚・。ゥレシィョォ。・゚・
「はい!お願いします」
「もう横道にはそれません。すべて主さんにまかせます!」
それは私の決意でした。



『いい心がけじゃw』




今度こそ私からもきちんと主さんに伝えました。
私の主さんでいてほしいと。



本当の本当に私たちの主従関係がこの日から始まりました。
おもちゃではない主さんのM女としての物語(*^_^*)




~追記~


このあと、本当に主さんになってもらえたことがうれしくて
会社のトイレでパンツを脱ぎ、ノーパンパンスト直穿きになり
人がいないことを確認して写メ撮って主さんに送りました(*^_^*)


翌日、主さんに褒めてもらえたのは言うまでもないですよね
゚.:。・*テレ(*’艸`*)テレ*・。:.゚






♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| 調教(1年目) | COM(4) | | TB(0) | |
2014-07-22 (Tue)
「隠し事」の続きです。



突然、主さんからの『俺がご主人様になろうか?』
発言に何が何だか・・・・・・
急な展開にオロオロドキドキしています。



そして私はパートナーについて興味を持っているのではなく
実は探そうとしていたことを・・・
探していたことを主さんに告げました。
そこはどうしても隠しておけなかったから。



すると、主さんからメッセージが返ってきました。
『ふ~ん』
『ホンマにMの道を歩むつもりなら本格的に調教してやるよ(-"-)』



その返信メッセージはそれまでの会話とは雰囲気が変わり、
LINEの顔文字もかなり怒ってるものに変わりました。



急に口調がかわった主さんに怖くなった私は
「Mの道と言われても・・・本格的にとか言われたら怖いです><」
「本当にごめんなさいっ。」
「私が勝手に先走っちゃっておいたしちゃいました(;_;)」



『お仕置やな(-"-)』

(あわわわわわ・・・・)
「勝手なことしてごめんなさいっ」



『淫乱女めがっ』

「反省してます。(だから主さんに言ったの)」
「次からは勝手なことはしません(;_;)」
(どうしよう・・・)
(怒ってる)



『公開調教してやるんじゃけぇ(-"-)』

「ええっ?!」
「何何何?公開って・・・こわいですよ」



『他の男にも縛られたいんじゃろ(-"-)』

「嫌ですっ嫌ですっ嫌ですっo(><;)o o(;><)o」
「だって、他のパートナーさんを探さないといけないと
思っていたから・・・」
「でも、○○さん(←主さん)が良いですっ」
「ごめんなさいっ」
「ごめんなさいっ」



(どうしよう。主さん、怒ってる・・・)
(私は勘違いしていたんだ・・・主さんのこと)
(本当は暗黙の了解で主さんだったんだ・・・)
(私の中で絶対的な存在になっている・・・)
(せっかくの良い展開だったのに・・・どうしたら良いの?(>_<))



「本当にごめんなさい。」
「もう絶対にしません(>_<)」



『ふ~ん、じゃあ言うこと聞く?』

「聞きますっ聞きますっ」
「○○さん(←主さん)以外の方は嫌です><」



『じゃあまずはエロ写メ送れ』

「え・・・エロ写メ?」
「なんで突然・・・今からですか?」
「エロさのかけらもない私に?」
(どんな写真ならエロいの?)



『言うこと聞くんじゃろ?』
『俺が萌えるような写メ送れ』

「ちょっと考えさせてください・・・」
(どうしよう・・・どんな写メ撮ったら喜んでくれるんだろう・・・)
(自撮りなんてしたことないよ・・・)



『おマ〇コ指で開いて鏡撮りとかええねぇw』

(ええええっ?!)
「そんなの恥ずかしくてできないですっ><」



『つまらんっ(-"-)』



そのメッセージを送ってきたのは21時30分をまわっていました。
主さんとこんな遅い時間に会話することはないんです。
それはお互いの家庭のことを考えているので・・・



この時間、もちろん家には家族全員がいる。
いったいどこでそんな写メを撮ったらよいのか・・・・



恥ずかしい
恥ずかしすぎる




でも・・・
主さんを怒らせちゃった
私が馬鹿なことしたから



黙っておけばばれないことだったのに



隠し事ができなかった・・・・・・・・・
主さんだから?



実はこの事件の後、ずいぶん経ってからネットお友達には
「なんで話したん?黙っておいても良いことなのに」
って言われちゃった。
やっぱり言わなくても良いことだったのかな。
私ってばバカ正直なんですよね(^_^;)



そして主さんに言われた写真を撮るために
お風呂に入る時間をダラダラと延ばして遅らせ
0時前にようやく家族が寝静まったのを確認し
準備を始めました。



我が家には立てかける鏡なんてものはないので
メイクする時用の鏡を床に置き、
パンツを脱いだ私はM字開脚になりました。
右手でおマンコを開き
左手でスマホを持ち
鏡に映しだされた私のぱっくり開いたおマンコを
撮影しました。
(自分でこうやって見るとあまりきれいなもんじゃないよ)
(なんでこんな写真が良いんだろう・・・)
(やだ・・・恥ずかしい・・・恥ずかしいよぉ////)



いろんなことを考えながらも何枚も何枚も
撮影しました。
その中からこれだと思うものを一枚選び、
もうすぐで0時を回る時間に
主さんに送りました。



「遅い時間にごめんなさい」
「これが私には精一杯です。」



それだけ送って、恥ずかしさと寂しさと
馬鹿なことしてしまったなという罪悪感と
そしていきなりご主人様宣言をしてくれた
主さんのあの一言が嬉しくて嬉しくて
その日は眠れない夜を過ごすことになりました。



単純なことだったのかもしれない
私からたった一言
「主さんになってください」
と言えば良かっただけなのかもしれないな。



何を悩んでいたんだろう?



怒っていたなぁ主さん。
そりゃそうだよね(..)
でも絶対にありえないこんな時間まで
私の話に付き合ってくれた・・・
私と向き合ってくれた・・・



あの写真で大丈夫だったかな・・・



不安に押しつぶされそうになっていましたが
翌朝主さんからLINEのメッセージが入ってきました。



『おはよ(^^)』
『いいつけ守るええ子じゃw』



私の不安を取り除くにはその言葉だけで十分でした。
いつもの主さんに戻っていたから。



遠回りしちゃったような気がしますが
その日から〇〇さん(←主さん)は
私の本当の主さんとなりました。



私はようやく主さんの傍で主さんのM女として
一歩踏み出すことができたんです(*^_^*)
これからはもっと主さんに相応しいM女になれるよう
努力し成長していきたいと思います。







♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| 想いと変化 | COM(12) | | TB(0) | |
2014-07-17 (Thu)
「俺がご主人様になろうか?」の続きです。


ドキドキドキドキ・・・・
心臓がっ・・・////



『俺がご主人様になろうか?』



そのメッセージが送られてきたとき
私の頭の中はパニックになっていました。



えっえっえっえっ?
何何何何?
今、私が目にしているこのメッセージは夢?現実?



手が震える・・・・
心臓がバクバクいってる・・・・



何度も何度もそのメッセージを読み返す。
『俺がご主人様になろうか?』
『おれがごしゅじんさまになろうか?』
『オレガゴシュジンサマニナロウカ?』



何か返信しなきゃ。何か返信しなきゃ。
次に返すメッセージを考える。
あまりにも突然すぎて気が動転する。
今起こってるこの状況が飲みこめない。



「あの・・・○○さんがご主人様になったら今までと何が変わるのですか?」
「主従関係ってどうやって成立してるもんなのですか?」

『従うか従わないかじゃない?』
『その点から言えば既にシオは俺に従ってるけどw』



「うっ(゜ω゜;)」
「確かに・・・従ってますよ・・・(-ω-;)」
「さからえないし、言葉じゃ負けちゃうし・・・」

『嫌なん?(-_-)』



「嫌じゃないですよ。」
「言葉責めも好きだし・・・」

『誰からされても?(-_-)』



「そんなことはないです!(>△<)」

『あははw』



ダメだ・・・。
楽しい。嬉しい。主さんとの会話////
どうしよう。どきどきする////
部屋の中でスマホ片手にウロウロウロウロしてしまうw
あきらかに挙動不審で落ち着きのない私。



でも、でも、嬉しいからこそ言わなきゃ。
主さんに、あのことを。
私が悩んで悩んでやらかしちゃったこと。
まさかこんな展開になると思ってなかったから
先走っちゃったこと。



正直に言わなきゃ・・・。



私はこの時どうしてもそれを言わないといけない!
って思ったんです。
主さんに隠し事したくなかったから・・・・・・。



「私・・・あのぅ・・・」
「実はパートナーにあこがれてるだけじゃなく
あらたなご主人様を探してました。」
「ネットとかで募集していた方にメールを送ったりもしました。」
「ごめんなさいm(__)m」






♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| 想いと変化 | COM(8) | | TB(0) | |
2014-07-15 (Tue)
先日の主さんとの逢瀬の日からますます主さんとの関係に
不安を感じる日々を過ごしていました。



主さんにとって私はおもちゃのままなのか?
私は主従関係を築けないのか?
主さんの女性関係にこれからも悩まされるのか?



ネットで見るM女さんのブログの中には、
主さんが多頭の方もいらっしゃいます。
女性好きな方もいらっしゃいます。

その関係に苦悩するM女さん、
その関係を受け止めているM女さん、
いろいろいらっしゃいます。



私は・・・・



多頭は嫌です・・・。
お互い既婚者だから奥様までは仕方ないと思ってます。
でも・・・他の女性は嫌なんです。

わがままなんでしょうか?
受け入れないといけないのでしょうか?



そんな思いに悩まされながらネットで主さん探しをしてみる。



だけど、なかなかピンとくる方がいない・・・
主さんみたいに言葉責めができる方が良い
主さんみたいに縛りが得意な方が良い
主さんみたいに一緒にいて楽しいと思える方が良い
主さんみたいにSMと家庭の時間を切り分けられる方が良い
主さんみたいに精神的な支えになる方が良い
主さんみたいに・・・
主さんみたいに・・・



そして私は気が付く。
私の心の中は主さんでいっぱいになってることに。
やっぱり主さんと繋がっていたい。
私の主さんは主さんじゃなきゃダメなんだと。



そんな想いのまま主さんにLINEでメッセージを送っても
変なことばかり口走ってしまいます。
とっても不安定・・・
多分、主さんも私の様子がおかしいと
気が付いていたんじゃないかと思います。



このままじゃいけないっ!
私がこわれる(>_<)
伝えなきゃ。



良い方に転がるのか悪い方に転がるのかはわからないけど
もう・・・伝えなきゃいけない。黙っていることなんてできない。
そう心に決めた私は、普段は絶対に送らない18時以降に
主さんへLINEでメッセージを送りました。



『最近ブログやネットを通してSMの世界を教えていただいてます。
M女さんともやりとりをしていてパートナーって素敵だなぁと感じました。
まだまだ何も知らない私でもそんなパートナーって作れるかなぁ。
・・・てことを最近考えてたりしてるんです。』



と、私なりに今考えていることをやんわり・・・
遠まわしに・・・メッセージにしました。



時間が時間だから返信は明日になるんだろうな・・・
明日になればうまくはぐらかされてしまうんだろうな・・・
と考えながら送ったメッセージ(私の気持ち)。



だったはずなのに・・・
なんと、すぐに主さんから返信がかえってきました。



『パートナーの考え方よね^^』
『俺がご主人様になろうか?』






♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| 想いと変化 | COM(4) | | TB(0) | |
2014-07-13 (Sun)
「顏と息と声が近い(*/∇\*)」の続きです。



私の中で中出しされた主さんが私から離れると
おマ〇コからはたった今、主さんが出された精子と
私のお汁がドロドロッと流れ出てきました。



(おおおお・・・今日もいっぱいw)



ティッシュで拭き拭きしてるとわずかに血がついてる。
(今日は奥をかなり突かれたからなぁ・・・)
(私のカラダに対して主さんのは大きいのかな?w)




でも・・・落ち着いてくるとだんだんと我に返ってきました。




(あ、私・・・他のご主人様探しをしようかと思ってたんだった。)
(今日もすっかり主さんのペースにはまってしまってすっかり忘れてた(--;))



「ほらっ、お茶飲むか?」
そんな私の気持ちなんて知る由もない主さんは
終わったーっ♪て感じでニコニコしながら私にお茶をくれました。



(こんな風に調教してくれるけどご主人様ではないんだよね・・・)
(私はパートナーでも奴隷でもなくただのおもちゃ)
(主さんのきまぐれで会ってもらってるだけ)
(おもちゃだから主さんが遊びたくなった時だけ遊ぶ)
(ただ・・・・それだけの関係なんだよね。きっと・・・)
(主さんに・・・私がご主人様探しをしてると伝えたらどう思うのかな?)



今日の主さんはすごく機嫌が良い。
終わった後もたくさんいろんな話をしてくれました。
私のカラダの疲労感は・・・今日はものすごいです。
かなり体力消耗したようでフラフラです(+_+)



帰るときヨロヨロしてる私に主さんは
「事故るなよ。気を付けて帰れよ^^」
「またのw」
と言ってくださいました。



こんなちょっとした気遣いがうれしい。
主さん、『またの』って言ってくれた。
『また』・・・があるのかな。



『また』っていつですか?主さん。
その『また』ってまた何か月も先になっちゃうんですか?



心が苦しいです。
こんな調教を受けるとどうして良いかわかりません。
本当はとっても続けたい。



最後かもしれないと思って受けた調教に『また』って
あるのかな・・・。




この時はそんなことをずっと悩んでました・・・。
毎日毎日不安で不安でどうしようもなかったのです。
だからあらたに主さんを探して、こんな不安から逃げたかったんです。




だけど、まさかこの一か月後に私たちの関係に変化が
おこるなんてことは、この時は全く想像していなかったんです。






♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| 調教(1年目) | COM(4) | | TB(0) | |
2014-07-12 (Sat)
「じゅぷじゅぷして気持ち良いの」の続きです。



主さんに恥ずかしいセリフを言わされ、主さんの
顔がまともに見られない・・・目を合わせられない・・・



そんな中でも主さんはまた腰を動かしはじめます。
私の膝を持っていた主さんの手は足首へと移動させ
さらに両足を持ち上げ私の中へと入ってきます。



じゅっぷんじゅっぷんじゅっぷん・・・
「んあ・・・・」
「あ・・・・あ・・・・・」
(さらに・・・・奥に・・・・(>_<))



縛られて電マ責めを受けた私のカラダは
とても敏感になっているので
いつも以上に主さんのモノが・・・
主さんのおチン〇ンが気持ち良いんです////
(おチン〇ンって言っちゃったw)



じゅぷっじゅぷっじゅぷっじゅぷっ・・・
「あん・・・・ん・・・・・」
「はあああ・・・・・・・」
(奥・・・・奥・・・・奥ぅぅ・・・・)
(きき・・・・気持・・・・ち・・・良いよぉ・・・・)
「んあああああ・・・・////」



この体勢は主さんのお顔が近い・・・・・・
主さんの呼吸が・・・息が・・・顏にかかる。
うれしい・・・(*^_^*)


うれしい・・・・
だけどっ!
「○○さん(←主さんの名前)・・・くっ・・・くるしいです・・・(>_<)」



そうなんです。
私・・・カラダが固いんですwww
この体勢はかなりしんどいんですよ・・・・f(^_^;)



「しかたないのぉ・・・」
(はうっ>< スミマセン、主さん・・・)
「ほいじゃあ、後ろ向け」



と言うと主さんは私からいったん抜かれたので
私は四つん這いになりました。
そこへまた主さんが挿入してきます。



ずぶずぶずぶぅ・・・・
「んあああああああ////」



私の中に再度入ってきた主さんは
腰を動かしはじめます。



じゅぷっじゅぷっじゅぷっ・・・
「あん。あん。あん・・・」



主さんは突きながら私に覆いかぶさり
両手を私の胸の前に持ってきて
乳首を抓んだかと思うとぎゅううううううっと
引っ張りだしました。



「うあああああ・・・・」
「あっあっあっ・・・・」
(乳首・・・気持ち良いっ////)



ぎゅうっぎゅうっぎゅうううううっ
「あん・・・あん・・・あああああああああんんん」



「こんなに抓まんどるのに良い声だすじゃぁないかw」
「こうされると気持ちええんか?www」
きゅうきゅうきゅうううううううっ



「やっ・・・・ああああああああんんん」
(ああああ////気持ち良い、気持ち良いですぅ////)



「おおおっ・・・・感じとるんかw」
「マ〇コが締めつけてくるでwww」
そういうと主さんはさらに何度も何度も私をバックから
突いてきました。



じゅぷっじゅぷっじゅぷっじゅぷっ
(んあああああああ、も・・・もう気持ち良すぎるっ)



「そろそろ・・・・出してええかの?」
覆いかぶさった状態で私の耳元で主さんは言ってきました。
(うぁぁ・・・・み・・・耳元で・・・主さんの声が・・・////)
耳元で言われるとゾクゾクってします(〃ω〃)
私のおマ〇コがきゅううううっとなってしまいます。



「はぁぁぁ・・・・いっ・・・いいです・・・・////」
「私の中に・・・・」
(いっぱいだしてくださいっ・・・・・)
と、言葉にする前に主さんは私の中でイッてくださいました。





♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| 調教(1年目) | COM(2) | | TB(0) | |
2014-07-11 (Fri)
「勃起の条件」の続きです。




緊縛電マ調教を受け、その後イラマ〇オをされ
すでにふらふらになっている私を
主さんは押し倒してきました。



「あっ・・・・」



そして主さんは私の両膝をかかえ私の中へと
入ってきました・・・・


じゅぷぷぷぷっ・・・
「ああああああああああっ////」
ゾクゾクゾクゾクッ



感じている私におかまいなくそのまま一番奥を
突いてきたのです。



ずううううううんっ



「んあああぁっ・・・・・!!!!」
「いっ・・・・・痛っ・・・・・(>_<)」



主さんのモノは私の奥の壁へとあたりました。
そして主さんは奥へあたったままの状態で
腰を右へ左へと少しずらします。



「あっ・・・・んんん・・・・」
「いっ・・・痛っ・・・・」



「痛い言うな」
「少しだまってろ」
「気持ち良くさせてやるけぇ」
と、痛がってる私に主さんは言ってくる



ぐりぃぃぃぃぐりぃぃぃぃぃ
(いっ・・・痛っ・・・・)


ぐりぃぃぃぃぃぐりぃぃぃぃぃ
(あ・・・)
(あっ・・・・)
ぴくん・・・・
(あ・・・ちょっ・・・・そこ・・・・)



「んん・・・・」
「あ・・・・ん・・・・////」
(気持ち良いとこに・・・あたる・・・////)



主さんも私の反応が変わったことに気が付いたらしく
そこの部分を突きはじめました。


じゅぷん・・・じゅぷん・・・
「うぁ・・・・」
「あ・・・ん・・・・」



じゅぷっじゅぷっじゅぷっじゅぷっ・・・・
「ああああ・・・・」
「んんんん////」
「あっ・・・・はあ・・・・・・んんん・・・・」



「もう痛くなくなってきたみたいじゃのw」
「イヤラシイ音が下から響いてくるでw」
「ほら・・・どこがどうなっとるんかちゃんと自分の口で言ってみぃやw」
と、腰を動かしながら私に話しかけてきます。



「ふぁっ・・・・」
「あっ・・・」
「気持ち・・・良い・・・です////」



とだけ答えると主さんは私の頬を平手で
ぺちっぺちっ
(!!!?)
(いっ・・・痛いっ・・・・><; )



と、叩きながら
「どこがどうなっとるんか?って聞いとるじゃろうがw」
て言ってきました。



(あうううう・・・言うの・・・・?)
主さんの顏をちらりと見てみる・・・・
(あわわ・・・)
(言えって顔してる・・・・)



「わ・・・私の・・・」
「おマ〇コの奥が・・・・○○さん(←主さんの名前)のモノがあたって・・・」
「じゅぷじゅぷしてきてて・・・気持ち良いです・・・・////」
私なりに、がんばって言葉で伝えてみました。



それでは主さんは納得されなかったようで
「モノって何?www」
「もう一度ちゃんと言ってみぃw」



(ええええっ////)
(この恥ずかしいセリフをもう一度?////)



(ううううう・・・・////)


「私の・・・おマ〇コの奥に・・・」
「〇〇さん(←主さんの名前)のおちん〇んがあたって・・・」
「じゅぷじゅぷしてきて・・・・・・」
「気持ち良い・・・ですぅ・・・・(///_///)」


(もう・・・・もう・・・主さんの顏、見られないよぉ)
(恥ずかしすぎるっ・・・・)
(なんて恥ずかしいセリフを何度も言わせるのぉ////)



真っ赤になって目をあわせられなくなっている私を見て
「恥ずかしいのぉw」
「こんなセリフ言わされてw」
ぷぷぷwww



と笑いながら主さんは言ってきました。



わかってて言わせる主さんって・・・・
もぉっヽ(*`3´)ノ プンスカ・・・



と、ちょっとだけ心の中で反抗して叫んでみる(笑)
でも・・・こんな責めも心地良いの(*^^*)





♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| 調教(1年目) | COM(0) | | TB(0) | |
2014-07-10 (Thu)
「縄痕」の続きです。


ほどかれた縄・・・。
その縄がかかっていた私のカラダにはくっきりと縄の痕がついていました。



その痕をうっとりと見てしまいます。
嬉しいなぁ・・・こんなにくっきり////



締め付けられていた縄がほどかれた私のカラダ中に
血液がめぐる感覚が襲います。
その感覚がなんとも心地良い。。。


そんな心地良さにひたっていると
「ほらっ、さっさと咥えてくれんと!w」


と、主さんに言われハッと我に返りました。



そうなんです。
主さん、調教しているときは自然に勃起するようなんですけど
普通にしてるとだんだんと元気がなくなるんです・・・

縛って調教していると興奮してきて萌えるので
ほっといても勃起すると言ってました。



なのでふらふらしながらも主さんの前に跪き
ズボンとパンツをおろし、
主さんのモノを咥えさせていただきます。



両手で主さんのモノを持ち舌を使って舐り上げます。
ぺろぉぉぉぉぉぉぉ・・・・
ちゅぱっちゅぱっ



唾液を絡ませながらゆっくりゆっくりと舐め
時折、ぱくんっと咥えこみ吸い付きます。
じゅぷぅっ・・・じゅるじゅるじゅる・・・・



袋も大事に咥えさせていただき、お口の中で
ころころと舌を使います。れろぉれろぉ・・・・



その様子を主さんからも見えるように髪の毛をかきわけ
上から見下ろしながらこう言ってきます。
「咥えながらこっち向いてみw」



私も言われた通りに従います。主さんを見上げながら
咥えます。舐めます。そして主さんのアナルまできれいに
丁寧に舐めさせていただきます。
じゅるじゅるじゅるぅ・・・・
じゅぷっじゅぷっ・・・・



そうしているうちに私の口の中で主さんのモノが
大きく・・・私の小さな口の中ではおさまりきらないくらいに
膨らんでいきました。



「んんんん・・・・」
(顎が・・・はずれそう・・・・><)



顎がしんどくなり私が口をはずそうとすると
主さんは頭を押さえぐいぐいとさらに押さえつけてきました。


「うぐぐぐぅ・・・・」
じゅぽっじゅぽっじゅぽっ・・・・

「ぐぷぅっ・・・・」
(や・・・・やばいよっ・・・・主さん)
(吐いちゃうぅぅぅぅっ)



あわてて思いっきり頭を主さんからはずしました。
「げぇっ・・・・げほっげほっげほっ・・・」
私は胃液が上がりかけていたのを
あわてて飲みこみました・・・



その咳込んでいる私を休ませてくれることなく
主さんはぐいっと押し倒してきたのです。






♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| 調教(1年目) | COM(2) | | TB(0) | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。