FC2ブログ
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2014-06-30 (Mon)
「いつもの主さん」の続きです。



身に着けているものがパンストだけになった頃には
縄を持って私の目の前に主さんは立っていました。



「後ろ向いて。」



と、主さんに言われ後ろを向き、いつものように両腕を
後ろにまわします。
そして主さんは慣れた手つきで後ろ小手縛りで
するするするっと上半身を縛り上げます。



いつものことながらその丁寧で迅速な縄の扱いに
ほれぼれしてしまいます////
早くも縄酔いしそうになる私・・・
そんな私に



「そこの椅子に座ってw」



と、主さんは言ってきました。
上半身を縛られたまま言われた通り椅子に座ると



「足をあげてみぃw」



と主さんに言われ足をあげると、かぱっ・・・と足をM字に開脚され、
そこへまた縄をはわし足ごとソファーに固定されてしまいました。



(と・・・閉じられない・・・・)
(は・・・・はずかしいよぉっ////)



縛り終えた主さんは私の前にどかっと座り
ニヤニヤしながら私を眺めます。


(やっ・・・やだ///)
(そんなにじっくり見ないでっ、主さん////)


まだ何もされていないのに、見られてるというだけで
私のおマ○コからはじわ~っとお汁が染み出てきます。
縛られていてもパンストが濡れてくるのがわかります(///_///)



恥ずかしくて足を閉じたいのに閉じることができず
カラダも足も椅子に固定された私はコトバにするしかありません。



「あ・・・あまり・・・見ないでください////」


と、主さんに言ってみる。
すると主さんは股を触って



「見られてこんなに濡らしとるくせにw」



と、意地悪を言ってきます。
私は恥ずかしすぎてそれ以上は何も言えなくなりました。




じっくりと見られていることが恥ずかしくて目を合わせられず
うつむいていると、主さんは部屋に置いてあった何かを見つけ
電マとそのあるモノを取ってこられました。



そして私の目の前にそれらを持ってこられました。



「えっ!!!?」
「やだっ・・・・まさか・・・・それっ・・・・・」

と、主さんに問いただそうとした瞬間、



ぶぃぃぃぃぃーーーーーーーーーんっ




(ああっ!!!!!!!?)

(ひゃっ・・・・・ひゃああああああああ・・・・////)




電マのスイッチを入れられてしまいました。






♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| 調教(1年目) | COM(2) | | TB(0) | |
2014-06-25 (Wed)
今日は屋外プレイ・・・
の予定でしたが、昨日のその後のメールのやりとりで
最終的に室内に変更になりました。
(なんだかちょっと残念・・・(^_^;) )


そして、いつものように待ち合わせ場所に向かいます。


でも、今回はいつもと違ってなんだか複雑な心境。。。


(今から私は主さんと会うんだ・・・)
(でも・・・私は・・・私をパートナーとして認めてくれる
 別の主さんを探し始めてる・・・)
(こんな気持ちのまま会ってもよいのかな・・・)
(だけど・・・久々だし・・・主さんから誘ってくれたから・・・)
(会いたい。会いたいよ。)



心の中で自分の想いと葛藤する・・・



そして主さんと合流すると、そこにはいつもの
私が知ってる主さんがいらっしゃいました。


「久しぶりっw」
「暑かったじゃろ?お茶飲む?^^」


と、緊張をほぐすように声をかけてくる。



私は小さく「はい。」と返事をし、よく冷えたお茶を
主さんからいただく。



なんだかいつも以上に緊張・・・。
ドキドキドキドキ・・・



主さんの顏が久々すぎて・・・
そして後ろめたくて・・・
まともに見られない。



ドキドキしながらも落ち着いてきたところで
目の前に座っていた主さんは
私の隣へ座ってきました。



そして私のスカートを躊躇なくバァッ!!!と捲り
スカートの中身をチェックする。


(ひゃああああっ!!!////)


「久々だったけど、ちゃんと直穿きで来とるじゃないかw」
「それに、きれいに剃ってきとるのw」


と、言いながらお股をスルッと触る。


そしてニヤリとしながらさらにひとこと
「もう濡れとるのぉw」



「あ・・・・はい・・・(///ω///)」
(あ・・・この感覚・・・このやりとり・・・
 久しぶりだなぁ・・・)



と、ノーパンで来ていることとパイパン具合、
そして私の濡れ具合を確かめた主さんは


「はいはい。じゃ、縛るけぇ服脱いで♪」


と、ニコニコしながら言ってこられました。



なんだかいつもの主さんのペースに巻き込まれ
さっきまで悩んでいた私の気持ちは、
主さんに調教してもらえる嬉しさのほうが勝ってしまい
だんだんと小さく隅のほうに追いやられていってました(^_^;)


言われた通り上着を脱ぎ、ブラウスのボタンをはずし、
スカートのファスナーをおろし、
最後にブラのホックをはずす頃には
主さんは私の目の前に縄を持って立っていらっしゃいました。






♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| 調教(1年目) | COM(6) | | TB(0) | |
2014-06-24 (Tue)
「明日、屋外プレイしちゃう?w」
というメッセージが入ってきたのは
私があらたに主さん探しをしよう!と決め、
行動に移し始めた頃でした。


主さんはなんてタイミングでメッセージを送ってくるんだろう・・・
まるで、私の行動パターンを読んでいるかのよう・・・



少し後ろめたい



でも、もう・・・こうやってお会いできるのも
最後になるかもしれない。


つい先日、主さんとこんな関係になって
1年を迎えたばかりでした。


多分、主さんは日付までは覚えていないのだろうけど、
私は知ってる。
私は覚えてる。
絶対に忘れるわけがない。


だって、最初に主さんが誘ってきてくれたのは
私の誕生日の日だったんです。
(そんなこと主さんは知る由もなかったはず・・・)
(私にとってはそのメールが最高のバースデープレゼントでした)


そして、その翌日にお会いして、縛ってもらったから
忘れるわけがない。
ずっと憧れていた方からのお誘い
声かけていただけたことが嬉しかったから
私は忘れない。




この1年間のいろんな調教と主さんに対しての
想いがあふれてくる・・・
楽しかったこと
辛かったこと



諦めることができるんだろうか・・・



そして私は明日お会いする約束をしました。






♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| 想いと変化 | COM(4) | | TB(0) | |
2014-06-23 (Mon)
このときの私はどうかしてたんだと思う・・・・・。


3ヶ月、会っていただけてない


主さんのことが信じられなくなってきていた


おもちゃとして待っていられなくなってきていた


いつもいつも不安で・・・何度も・・・何度も
主さんに会ってもらいたいアピールをしていた。
けれども、ことごとく断られて、
「今は忙しい。」
「バタバタしてる。」
「時間が取れない。」


こんな回答ばかり。


だけど、夜は遊びに出てるご様子
他の方にはお会いしてるご様子
そんな噂話を耳にする
(時間が取れないなんてウソじゃん・・・(;_;) )


辛い辛い辛い辛い・・・・・・


不安で押しつぶされそうになる


その女性に対して・・・誰かもわからない女性に対して
嫉妬の感情が芽生える・・・


そして気が付く・・・
『私はこんなにも主さんのことを
         好きになってしまっている・・・』



でも、私はおもちゃでしかない
他の女性にはかなわないのかも
その方はどんなに素敵な方なんだろう・・・


こんな辛い想いをするくらいなら
捨てられちゃうくらいなら
私はおもちゃでしかないなら
これ以上辛い想いをするくらいなら



『あらたにご主人様探しをしよう!』



きちんと私のことをパートナーとしてみてくれる方を探そう。
そう心に決め、主さんのことを諦めるつもりで
ご主人様探しをはじめました……。


そんな時でした。


主さんのほうから久々に
「明日、屋外プレイしちゃう?w」
という内容でLINEのメッセージが入ったのは。






♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| 想い | COM(2) | | TB(1) | |
2014-06-18 (Wed)
また、
主さんと会えなくなってしまいました。


前回の調教から2ケ月以上経過しました。
そんな時ってネガティブなことばかり考えはじめます。
そして気が付いたことがありました・・・・・。



今まで何度か調教を受け、このブログでご報告してきました。
お写真がない分できるだけその情景がわかるようにと
細かく描写してきました・・・。


なのでもしかしたら気が付いていらっしゃる方もいるかもしれませんが、
私の主さんはキスをしてくださいません。


今までに一度だけしてくださったことがありますが
それっきり・・・。


その一度というのは、一番最初に主さんから
調教を受けた日。


ブログには載せていませんでしたが、あの時、
主さんが挿入してきた時に一度だけ軽くキスを
してくれていました。
まるでマーキングのように・・・。


あれだけカラダを重ねているのに、キスだけはあの時の
一度っきり。


やはり恋愛感情は持つなということなのでしょうか。
彼氏彼女・・・恋人同士の関係ではないんだぞっ
てことなのでしょうか。


最近の主さんとのLINEのやりとりで
主さんは私の心をコントロールしようとしているように感じます。
私が女の部分にのめり込まないように・・・
従として自分の感情をコントロールできるようにと。


だから・・・
私が恋愛感情にのめり込みそうになってるから・・・
主さんは会って下さらないのかな?と感じるようになってきました。


冷静になって今までのLINEのメッセージを読み返してみると、
完全に女としての部分が出ているような内容。
敬語は使っていますが、恋愛感情が丸見え・・・。
会っていただけなくなってからのメッセージは
とにかく必死。焦ってるのがわかる。


せっかくおもちゃとして認めてくれたのに
馬鹿だなぁ・・・私。
もっと主さんのことを主さんだと信じて
次の調教を待たないといけないのに・・・。



馬鹿だなぁ・・・(;_;)



でも・・・
会っていただけないと寂しいんです・・・
捨てられちゃうんじゃないかと不安になるんです・・・



だって私はおもちゃでしかないから・・・






♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| 想い | COM(8) | | TB(0) | |
2014-06-14 (Sat)
「初めてのアナル」の続きです。


私のおマ○コからは主さんが放たれた精子が太ももをつたって
流れ出てきます。


いつもなら本当はこの時間は幸せに浸りたいところですが、
私にはどうしても気になっていることがありました・・・。


「あ・・・・あのぅ・・・」
「指・・・」
「さっき、指入れてましたよね・・・・?」


「ん?」
「おう・・・・しっかり入っとったでw」


(!!!!!?////)
(やっぱり・・・・)


「ど・・・・どのくらい入りました?」
↑ここが1番私の気になっていた部分でした///


「第2関節くらいまでは入ったでw」


(!?)
(ひゃああああああああっ////)(*>ω<*)
(マジですか?主さん////)


なんだか恥ずかしくて恥ずかしくて顔から火を噴きそうでした////


モジモジしてるとさらに主さんはこうも言ってきました。


「指入れてしっかり感じとったじゃんw」
「指入れるとマ○コとアナルがキュウキュウなってきよったでw」


(うわぁぁぁぁぁぁぁんっ////)
恥ずかしくてその場から逃げだしたい気分でした(///_///)


主さんとはそのあと少しお話しした後、帰路についたのですが
ずっと車の中で今日を振り返ってました。


(私・・・)
(アナルでたしかに感じていた・・・)
(初めはびっくりして・・・衝撃的で・・・)
(でも・・・気持ち良かった・・・)


この日を境に「いつかアナルにも挑戦してみようかな・・・?」
と、考えるようになりはじめました。
少し、アナルにも興味が出た調教でした(*^_^*)






♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| 調教(0年目) | COM(7) | | TB(0) | |
2014-06-10 (Tue)
「自ら腰を振る」の続きです。


ずちゅっずちゅっずちゅっずちゅっ・・・・
私は主さんに言われ自ら腰を振り始めました。


「あああああ・・・・」
「あ・・・・ん・・・・」


自分が自分じゃなくなるくらい腰を動かしていきます。
すると、主さんもそのリズムに合わせて腰を上下に
動かしはじめました。


「ひゃあっ・・・・!!!!?」
「ああああああっ/////」


私の腰の動きと主さんの腰の動きがあうと
私のおマ○コの中で主さんのモノとぶつかり合う感覚が
とてつもない快感としてしびれる様に襲ってきはじめました。


「やぁっ・・・・・」
「だ・・・・だめ・・・・あああああっ・・・・」


気持ち良すぎて主さんに抱き着きしがみつきます。
すると、主さんは腰を動かしながら私の胸に口を持っていき
乳首を吸い始めました。


「そ・・・・それっ・・・・」
「あああああああっ・・・・・・」
「だ・・・だめですぅ・・・・」
「や・・・・んんんん・・・・」


少し前に抓られ敏感になっていた乳首を今度はおマ○コを犯されながら
強めに乳首を吸い始めたのです。
その気持ち良さは私のカラダをどんどんと刺激していきます。


「やああああ・・・・っ」
「ああああん・・・・・」
「ああああっ・・・・・んんん・・・・」


主さんの舌が私の乳首を吸ったり転がしたりします。
上も下もあまりの気持ち良さにカラダがとろけそうになります。


そして次の瞬間、さらなる衝撃が私のカラダを襲いました。


お尻にあった主さんの手が私のアナルへとやってきていて
1本指を入れてきたのです////


「あっ・・・・!?」
「やっ・・・・やっ・・・・」
「ダメ・・・」
「やん・・・・」

指を入れたまま主さんの腰の動きはとまりません。
その動きにあわせアナルにいれた指を動かしてきます。


「ああああああ・・・・・////」
(何っ何っ何っ!!!?)
(お尻の穴に指入れてる?)
(なんで・・・汚いよ・・・・主さん・・・・)


私の頭の中はパニックです。


でも・・・
おマ○コの中でずぶずぶされている主さんのモノと
アナルの中に入ってきている主さんの指が
だんだんと何が何だか分からなくなるくらい気持ち良くなり始めました。


「あああああ・・・・」


私のそのわずかな変化に気が付いたのか
主さんは私の耳元でコトバを発します。


「尻の穴、気持ちええんか?w」
「尻の穴がヒクヒクしよるでw」


その耳元でささやかれる言葉がさらに私のカラダに
刺激を与えます。


牝犬へと成り下がり、私は何度も何度も腰を振り、
もう腰が・・・足が・・・太ももが・・・力が入らない・・・
と、足がプルプルし始めたとき、

どくっどくっどくっ!!!

・・・と私の中で主さんのモノが脈打ってる感覚が
おマ○コを通して伝わってきました。


全身しびれまくり、汗まみれになりながら、
主さんは私の中でイッて下さいました。


ゆっくりと主さんからカラダをはずすと私の中から主さんから放たれたものが
ドロドロドロ・・・・と流れ出てきました。







♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| 調教(0年目) | COM(4) | | TB(0) | |
2014-06-07 (Sat)
「カラダに食い込む縄」の続きです。


ずちゅっずちゅっずちゅっずちゅっ・・・
バックから何度も何度も主さんは私を突いてきます。


そして、主さんのモノが私のおマ○コを出入りするたびに
ぐじゅぐじゅになっているおマ○コから太ももへと
お汁がつぅーーーーっとあふれ出てきます。


主さんは腰を動かしながら私のお尻をスパンキングしはじめました。


パーーーーーンッ
パーーーーーンッ
ずちゅっずちゅっずちゅっずちゅっ・・・・


「あんっ・・・」
「やっ・・・・・ああああ・・・・」
「はっ・・・・んんんん・・・・」


おマ○コに感じる刺激とお尻を叩かれて感じる刺激とで
気がおかしくなりそうです。


「気持ちええんかっ?」
「随分と良い声だして鳴くじゃないかwww」


と主さんは意地悪気に言ってこられました。


「あ・・・・ん・・・」
「は・・・はい・・・・・・気持ち・・・良い・・・です・・・」
気持ち良くてこれだけのコトバを発するだけでも必死です////


このままバックでフィニッシュなのかなぁ・・・・と
気持ち良さの中でぼーーーっと思っていると
主さんは挿入していたモノを抜き、今度は私のカラダを
起こされました。


主さんはソファーに座りなおし、
私の腕をつかみカラダを引き寄せ。
「自分で入れてみw」
と、言ってきたのです。


(えっ!?)
(こ・・・こんな体勢でさせていただくの・・・初めてかも////)
(なんだか主さんのモノを自分から入れるのって恥ずかしいよぉ・・・・)


私はソファーに上がり主さんを跨いで
主さんのモノを右手で持ちながら私は腰を
ゆっくりと落としました。


ずぶずぶずぶっ・・・


「あああああああああっ////」
びくびくびくっ!!!


正常位やバックで挿入するのとはまた違った感覚が
快感となってカラダを襲います。


(いつもと当たる場所が違うっ・・・・////)


それだけで、腰を下ろしたまま動けなくなり主さんに
寄りかかっていると主さんは
「ほらっ、しっかり腰をふってみw」
と言ってこられました。。。。


(こ・・・・この状態で腰を????)
(気持ち良すぎて動けないよぉ・・・)


私が動けないでいると
「ちっ・・・・仕方ないのぅ・・・」
と言ったかと思うと、主さんは私のお尻を持ち
私のカラダを上下に動かしはじめました。


「はあああっ!!!!?」
「あん・・・あん・・・あん・・・・」


ぐじゅっぐじゅっぐじゅっぐじゅっ・・・


「こうやって腰をふってみ」
とさらに主さんは言ってくる。


気持ち良すぎて体中の力が抜けそうになる中
がんばって力を入れ、ようやく私は自ら腰を振り始めました。






♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| 調教(0年目) | COM(6) | | TB(0) | |
2014-06-06 (Fri)
「久々に感じる私のカラダ」の続きです。


ずぶずぶずぶっ・・・と主さんのモノが躊躇なく
私のおマ○コの奥深くへと入っていきます。


「はああああ・・・・・っ」
ぞくぞくぞくぞくっ・・・・


気持ち良すぎて鳥肌が立ちます。
そして、主さんはゆっくりと腰を動かしはじめました。


ずぶっずぶっずぶっ・・・・


「あっ・・・・あっ・・・・あん・・・」
主さんの動きにあわせて声が漏れます。


主さんにしがみつきたいのに上半身が縛られている為
腕をまわすことができないカラダにやきもきしてきます。
そのやきもきがさらに私の下半身を熱くしていきました。
(縄・・・ほどいてほしいよぉ・・・・////)


すると私の下半身から主さんの動きにあわせて
いやらしい音が響きはじめました・・・


ずちゅっずちゅっずちゅっずちゅっ・・・


「あっ・・・・あっ・・・・」
「んんん・・・////」
(あ・・・、おと・・・音が・・・)
(私・・・濡れてきてる・・・///)


主さんの動きにあわせ敏感に感じ始めた私のカラダに力が入り、
上半身を拘束している縄が、胸や腕に食い込みはじめていました。


すると、主さんは私の中にいれていたモノをいったん抜き、
私をぐるりとひっくり返し、バックから再度挿入してこられました。


「うあっ・・・!!!」
「ああああん・・・・////」


主さんは、その体勢から私の腕の縄をほどいてくださいました。
食い込み始めていた縄がほどかれると一気にカラダ中に
血液がかけめぐる感覚に襲われます。


(縄が食い込んでいたこと・・・気が付いてくれていたんだ///)


と、嬉しさにひたっていると
「もっとケツをあげろっ!」
と言われ、あわてて主さんにお尻を突き出します。
そして私の奥深くへと主さんのモノが入っていき、
さらに一番奥にあたるように突いてきはじめました。


「あああああっっっ・・・・・」
(痛っ・・・・><)
気持ち良いけど、久々に一番奥まで突かれた感触は
痛みもありました。
・・・が、痛い以上に主さんのモノは気持ち良いのです。


ずちゅっずちゅっずちゅっずちゅっ・・・
と、主さんはさらに激しく腰を動かしはじめました。





♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| 調教(0年目) | COM(0) | | TB(0) | |
2014-06-03 (Tue)
「やっぱり縄が好き」の続きです。


上半身のみ縛り終えた主さんはソファーに座り
私のカラダを引き寄せ絞り出された胸の乳首を
ぎゅううっと抓んでこられました。


「はうっ」
「ううううっ・・・」


乳首を強く抓みながらぐりぐりと指を動かしたり
引っ張ったりしてきます。

「痛・・・・」
(久々だから主さんが抓られるのが少し痛い・・・)


「これが痛いんか?」
「ダメじゃのう・・・毎日こうやって乳首抓んでほぐしておけ」


主さんからダメだしくらっちゃいました・・・il||li _| ̄|○ il||l
ダメダメな私・・・


主さんは乳首を抓るのをやめ、私をひざまづかせ、
ご自分のズボンとパンツをおろされました。
私の目の前に主さんのモノがあらわれ、私は条件反射で
それにしゃぶりつきます。


(主さんのモノ・・・主さんのモノ♪)
(久々だぁ~////)

ぺろぉ~・・・・
ちゅぱっちゅぱっ・・・
(おいひぃ・・・)

顔中、自分の唾液でべちょべちょになりながら
主さんのモノを手を使わず舐めまわします。
そうしているうちに主さんのモノはムクムクと大きくなっていました。


私の口の中でおさまりきらないくらい大きくなったところで
さらに私の頭をつかみ腰を動かし喉の奥へと突いてきました。


じゅぽっ
じゅぽっ
じゅぽっ


「ぐぅ・・・・ううううう・・・・」
「おぅっ・・・」
「ぐぽっ・・・・!!!」
(吐くぅっ・・・(>_<))


あわてて私は力を振り絞って口から主さんのモノを
外しました。


げほっげほっげほっ・・・


咳込んでいる私を主さんは押し倒し、パンストの股の部分を
びりびりびりぃっ!!!
と荒々しく破いたかと思うと私の膝をかかえ、
いきり立っている主さんのモノを
私のおマ○コへと押し込んできました。


ずぶずぶずぶっ!!!!!


(!!!?)
「はぁっ・・・・・」
「ああああああああっ////」
ビクビクビクンッ・・・・・!!!


私のカラダは久々に私の中に入ってきた主さんのモノに感じまくり
全身に電気が走ったかのような快感に襲われてました。






♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| 調教(0年目) | COM(2) | | TB(0) | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。