FC2ブログ
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2016-02-17 (Wed)
「2016年初逢瀬 ~幸せな時間~」の続きです。




『今度貸出されてみぃやwww』
と、主さんは意地悪そうな笑みを浮かべながら
言いはじめました。




『フェラもいつの間にやら上手くなっとるしの』
『旦那で練習でもしとるんか?w』




「旦那にはフェラはしないですよぉっ٩(//̀Д/́/)۶」
「主さんに教えていただいたんですよぉっ////」




『ふ~ん。嬉しそうに咥えてからにw』




私はうんうんと主さんのモノを咥えながら
顔を縦に振り、うなずきます。
主さんのモノが私の口の中でどんどんと大きくなってて
納まりきらなくなりつつあることが嬉しくて・・・
ご奉仕させていただいていることが嬉しくて・・・
調教とかなくてもこの時間だけでも幸せなひとときなんです。
自然と顔がニヤケてくるのです。




時間もないし、このまま口に出していただこうと
ご奉仕に一所懸命になっていると主さんはガバッと体を起こし、
『入れちゃろうかw』
『どうせ入れてほしくて濡らしまくっとるんじゃろうがw』
と言ったかと思うと私のスカートの中に手を突っ込んで確認されました。
ノーパンでタイツを穿いている私のおマ○コはそのタイツを
びちょびちょにするくらい濡らしていたのです。




それを確認した主さんは
『あ~あ、こんなに濡らしてからにw』
『いつから濡らしとるんかwべっちょべちょじゃんかw』
と言いながら私のタイツをあっという間に脱がされました。




狭い車内で主さんは私の足をガバッとと拡げ膝を持ち上げ
容赦なくおチ○チンをずぷぅっと差し込んできました。




「あっ・・・・あああああああっ////」
久々に主さんのモノがカラダの中に入ってくると
カラダ中に電気が走ったようなしびれる快感に襲われました。




主さんが使ってくださってくれていることが嬉しくて
カラダ中が幸せいっぱい感じているのがわかります。




そしてその体勢はパイパンの私には主さんとつながっているところが
丸見えでさらに興奮してきて下半身がきゅうきゅうしてきます。




主さんは腰を動かしながら私のブラウスのボタンを外し
ブラジャーをずらし乳首を抓りあげます。




「痛っ・・・・・」
「あっ・・・」
(痛いけど・・・気持ち良いっ)


「ああああ・・・・んん・・・・」




『気持ち良さげに鳴くのぉw』
『マ○コがよぉ締まるでw』
『気持ちええんか?』




「は・・・い・・・////」




『そんなにこれがほしかったんかw』




「はい・・・。欲しかったです・・・・////」




『淫乱めがっw』
そう言うと主さんはおチ○チンを抜き
『後ろ向けや』
と私を四つん這いにするとお尻をベシッと叩きながら
バックで挿入してこられました。




ずぷぷぷっ・・・・
「はああああっ!!!!////」
(主さんのが・・・・・入ってくる!!)
(奥・・・・奥まであたって・・・気持ち良いっ)




気が付けば二人の熱気で車の窓は曇っていきます。




(狭い車内で主さんに犯されている・・・)
(もしかしたら誰かに見られているかもしれない・・・)
そんな状況がますます私を興奮させていくのです。




が、その時、私の携帯のバイブが鳴り始めました。
主さんが次の仕事に送れないようにタイマーをセットしていたのです。




「あ・・・主さん・・・・」
「そろそろ・・・時間が・・・・」




と、お伝えすると
『そうなんか!?』
『早いの。』


『じゃイクぞ。』
と言い、私の中で主さんの精子を放ってくださいました。




主さんは帰り際に
『なんならシオが相手を探してきてもええんでw』
『ブログやツイッターで繋がってる奴で信用あるんなら。その男が
ちゃんと動画撮影させてくれてシオが納得する奴ならええでw』
と言われました。




「ええっ!?」
「そんなこと言われても・・・・」




ここのところのLINEの中での会話もそうなのですが、
主さんは私を貸出したくてうずうずしてます。
NTR嗜好が最近強くなってきているようなので
この数ヶ月の間に貸出しが決まりそうな予感。




もう、逃げられそうもないかな・・・




きっと主さんは前回の経験をいかして次はそれなりの方を
ご用意されるはず。




それでなければ、私に誰か探してこいと言われそう。
はぁぁぁぁ・・・・頭痛い。
どうなるんだろう、私。




でも、あきらかに前の貸出しの時の私とは違うことがある。
あの時はとにかく多頭の主さんに気に入っていただきたくて
必死な気持ちで受けた貸出しでした。
経験も浅くて・・・




だけど、今なら受けられる気がする。
貸出に対しての思いも違う。
ただただ主さんに気に入られたくて・・・ではない。




主さんが私のことを主さんのM女として誇りに思えるように
恥をかかせないようにしなければいけないという思いがある。
今はきっと貸出しを断ったからと言って嫌われるとは思わないし
主さんが手放すとも思わない。




それだけ私の中にも主さんのM女という自信が持ててきている。
それだけは強く感じることができている。




だから私が貸出しされたとき、主さんが自慢できるよう、
そのお相手の方が満足してくださるよう
がんばると思う。
がんばれると今は思うのです(*^_^*)






♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| 調教(5年目) | COM(2) | | TB(0) | |
2016-02-15 (Mon)
1月の終わり、ようやく今年初めて主さんとお会いすることが
できました。



今年初の逢瀬♡



急遽決まった逢瀬の日が今日で嬉しくて嬉しくて
その時間が待ち遠しくてソワソワ・・・(笑)




『でも、あんま時間ないで(^_^;)』
と、主さんに言われたけど、もう、日程は変えたくないし
調教とかなくても良いからとにかく会いたかったから
「今日が良いです!!」
とお伝えすると、




『昨日の変態談義で疼いたんか?w』
と一言。




さすが主さん。
私の心の中は完全に見透かされてました(^_^;)
昨日の【変態さんたちの夢の宴】でお二人のS様と話していたら
すごく主さんに会いたくなったのは言うまでもないです。




短い時間でもなんとか主さんは時間の都合をつけてくださり、
私は指定された待ち合わせ場所へと車を走らせました。




待ち合わせ場所につくとそこから車を1台にし、
さらに人気のない場所へと移動。
車を停め、私と主さんは後部座席へと移動しました。




私は昨日のオフ会のことをご報告したくて
後部座席に移動するなり昨日のこと全て、
主さんにたくさんたくさんご報告しました。




私の話を聞き終えた主さんは
『じゃけえ疼いたんじゃろw』
『二人もSがおったんなら苛めてもらえば良かったのにw』
『せっかくノーパンで行っとったんじゃけえ』
と、仰ってきたので




「でも、お二人には奴隷さんがいらっしゃいますし・・・」
「お友達のあやさんもいたし・・・」
「そういう雰囲気ではなかったですしね」
と、お伝えすると、えらく残念がってました(^_^;)
(こんなことブログに載せちゃうと逆に次回のオフ会が
公認ということになり、何されるか危険な香りもしてくるのですが・・・。)




主さんは少しお疲れのご様子だったので、
運転席のシートを倒しフラットにされ、
ハンドル側に座布団を枕代わりにして
足を後部座席へと延ばし横になられました。
最近寝不足だと言われる主さん。
本当にしんどそうです。




そんな中、こんな貴重な時間を私に下さり
感謝感謝なのです(*´˘`*)♡"




ふと時計をみるとかなり時間が経過していることに気が付き、
このままだとお話だけで逢瀬が終わっちゃう(>_<)っと気付き、
横になってる主さんのベルトに手をかけました。




(いつもこのパターンだと何もできずに終わっちゃうから
今日はちゃんと自分からご奉仕すると決めていたんです。)




主さんに
「咥えたいです///」
とお伝えすると、
『好きじゃのぅ』とニヤリとされ
私はベルトをはずしズボンのチャックをおろし、
ズボンをさげさせていただきました。




そして主さんのおチ○チンを口の中にふくみ
ご奉仕をし始めました。
車内にご奉仕する音が静かに響きます。




そんな状態の中、主さんは私に話しはじめました。




『せっかく調教慣れしているSが二人も居ったのに・・・』
『もったいないのぉ。』
『自分からせまってみれば良かったのにw』




「ええっ?」
「無理でふよぉ・・・><」




『俺はの、シオのことを気持ち良くさせてくれるやつに貸出したいんよのぉ』
『前回のようにこっちばかりが奉仕し、向こうが一方的に
気持ち良くなるのは論外』
『あっ、そういえばこの間、あんときの男の子がシオを貸出してほしいと
連絡してきたけど、あんなことするなら貸出しても意味がないけぇ断ったでw』




(ん?あの男性から連絡???)
あの初貸出しのトラウマを作った男性から連絡があったことを
主さんは教えてくださいました。




(そういえば、昨日の飲み会でも私の貸出しの話題が少しでて、
粋永さんも亮さんも「あれはないね」と言ってくださっていたなぁ)
(主さんにも私の気持ちがきちんと伝わっていたんだ・・・)




私は主さんのおチ○チンにご奉仕しながら
「やっぱり寝取られシチュエーションが好きなんですね」
「また貸出そうと思ってるんじゃ・・・・」




『ん?』
『そりゃそーでw』
『シオが他の男でよがってるのを見たいし
どんな風なのが感じるんか、俺とは違う責めで
どんなになるんか見てみたいじゃないかw』
『俺は普通のS○Xじゃ萌えんし、一通りの調教もしてきたしの』
『ちょっとやそっとじゃ萌えんのんよwww』




「はあ・・・そうでしょうねぇ・・・」
(主さんはいろんな経験をされてきた中で私が一番最後だからなぁ・・・
普通の調教以外のことは起こるとは思っていたけど・・・)




「いつぐらいから寝取られとか興味を持ち始めたんですか?」
『3年くらい前かのw』
(3年前・・・。ちょうど寝取られに興味を持ち始めたころに貸出しされたんだ・・・)




『苛められてる姿もええが、とにかく君を気持ち良くさせてくれて
潮を吹かせてもらうくらい弄ってくれ、いかしてくれそうな男がえぇのぉw』

『そして、俺のカメラで動画撮影OKの男。』

『徹底的にイかされまくってる動画が見たいのw』

『そのためにもこの間のような若い男じゃなく、いろんなことを経験してる男が
ええんじゃがのぉw』

『若い男はやりたいという気持ちの方が先になるけぇ、君が
いっそも気持ちよくなれんじゃろうが。』




「はい・・・。まあ、たしかに・・・・」
「前回の貸出しが・・・そうでしたし・・・」




『今度貸出されてみぃやwww』
と、主さんは意地悪そうな笑みを浮かべながら
言いはじめました。




♥大人な主従関係のブログを読みたい方はこちら>>>


♥エッチで変態なブログを読みたい方はこちら>>>


♥FC2ブログランキングはこちら>>>



最後まで読んでいただきましてありがとうございました(*^_^*)
シオ


| 調教(5年目) | COM(4) | | TB(0) | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。